大学生がバイト以外で稼ぐには【プログラミングを学べば完了です】

プログラミング
この記事は約9分で読めます。

バイト以外で稼ぎたい大学生「お金が欲しい…なんかバイトよりも手っ取り早くて、多くバイト以外で稼げるような方法ないのかな?」

 

今回はこんな疑問に答えます。

☑️ 本記事の内容

  • 大学生がバイト以外で稼ぐには
  • プログラミングを学べば確定演出

この記事を書いている僕は、大学生の時にバイト以外で稼ぐことに成功。

現在ではその経験を生かし、会社を作って生活しています。

 

今回の記事はそのときの経験や知識を元に、大学生がバイト以外で稼ぐ方法を解説します。

他の記事で自分の実績を公開している人は少ないため、記事の信頼担保になるかと。

大学生がバイト以外で稼ぐには【プログラミングを学べば確定演出】

大学生がバイト以外で稼ぐには、何をすればいいの?

大学生がバイト以外で稼ぐ為にすべきことは、「プログラミングを勉強する」こと一択です。

まあもちろん他にも方法はありますが、プログラミングは僕が大学生でバイト以外で稼ぎたいときに実際にやっていろいろ良かったので共有します。
今からはなぜバイト以外で稼ぎたい大学生がプログラミングを学ぶべきなのかを紹介していきます。

 

それぞれ解説していきます。

需要が高い

プログラミングは比較的新しい技術で需要が高く、大学生でもバイト以外で稼げるという点では理想的な分野です。

 

プログラミングは近年多くの分野で使われ、ここ10年で急激な成長を見せました。

それにより現在も需要は高く、大学生がバイト以外で稼ぐのに最適な条件がそろっています。

 

加えて最近はプログラマーが不足しているため、その点でも大学生がバイト以外で稼ぐのに最適といえます。

習得が意外と簡単

プログラミングはほかのバイト以外で稼げる分野と比べて出費や損が少なく、バイト以外で稼ぎたい大学生にピッタリな分野です。

 

バイト以外で稼げる分野は、

  • FX
  • ライター
  • コンサルタント

などなど意外と多くあります。

ただこれらの分野は、どうしても損失か大きかったり勉強に膨大な時間や経験が必要です。

 

習得が簡単かつ特に経験等も必要ないので、大学生でバイト以外で稼ぐにはピッタリといえます。

一生使える武器になる

プログラミングを大学生の時に学んでいれば一生使える武器となり、大学生卒業後もバイト以外で稼ぐことが可能です。

 

最初に解説した「需要が高い」ということですが、プログラミングの需要は今後も上昇して行くことが予想されています。

しかも少しではなく30年後には4倍5倍までともいわれています。

 

今の需要量でもバイト以外で稼げることを考えると、今のうちに大学生がプログラミングを学んでいると将来的にも大きくバイト以外で稼ぐ柱となるでしょう。

大学生がバイト以外で稼ぐためにすべきこと

なるほど、確かに大学生のうちにプログラミングを学んでいると良い事が多いっぽいね。

ただこれじゃ卒業後しかバイト以外で稼げん…

大学生のうちにバイト以外で稼ぐには、どうすればいいの?

大学生のうちにバイト以外で稼ぐには、このプログラミング習得後にクラウドソーシングを活用しましょう。

あまり大きな声では言えないですが、バイトなんてクソに感じるほどバカバカバイト以外で稼げます。

 

それぞれ解説していきます。

クラウドソーシングとは

クラウドソーシングとは仕事を頼みたい人と仕事をしてくれる人をネットで繋げてくれるサービスです。

 

色んなクラウドソーシングがありますか、バイト以外で稼ぎたい大学生はとりあえず

  • ランサーズ
  • クラウドワークス

の2つに登録しておきましょう。

 

この2つは大手である上に認知度も高いため、詐欺等はなく良質な仕事がゴロゴロ転がっています。

クラウドソーシングで大学生がバイト以外で稼ぐ方法

クラウドソーシングに登録していれば、大学生でも仕事を見つけてバイト以外で稼ぐことができます。

 

クラウドソーシングは基本的に自分から仕事を探す方式となっています。

難しそうにかんじますが、「プログラミング」と検索するとたくさん出てくるので心配は無用です。

 

自分にもできそうなものを選んでバイト以外で稼ぎましょう。

クラウドソーシングで大学生がバイト以外で稼ぐ注意点

大学生がクラウドソーシングでバイト以外で稼ぐ際、報酬には必ず注意しましょう。

 

まれにですが、報酬が激低だったり期間が短すぎる様な仕事もあります。

報酬が低かったり期間が短すぎると、モチベは下がるし自分の時間も取れなくなります。

 

こういったものは時間の無駄なので、無視しておきましょう。

大学生でもバイト以外で稼げるプログラミングの勉強法

 

なるほど、これなら確かに僕にもプログラミングでバイト以外で稼げそうだな…

でもプログラミングってどうやって勉強すればいいの?

大学生でもバイト以外で稼げるプログラミングは、スクールに通って勉強しましょう。

 

ということで次は、バイト以外で稼ぎたい大学生がプログラミングをスクールで学ぶべき理由を解説します。

「え、スクールはちょっとなぁ…」と思うかもですが、まあ参考程度にご覧下さい。

 

それぞれ解説していきます。

意外と安い

プログラミングスクールにあまり通いたくない大学生で多いのが、「高い」という理由。

しかし最近は安くなってきており、月に1万円程度で学べるスクールもあります。

 

5年ほど前までは、「3ヶ月20万円!」「半年90万円!」などとうたっているプログラミングスクールが大半を占めていました。

しかしここ数年は月に1万円や3ヶ月10万円ほどで通えるようになりました。

 

なので数年前に価格で諦めたという方は、この機会に再度検討しましょう。

 

これは僕の予想ですが、今後需要が高くなることを考えるとまた価格が上がると予想できます。

なのでスクールに行くなら早めに決めましょう。

挫折率9割の現実

プログラミング勉強中の挫折率は9割を超えており、習得しようとしたほとんどの方が諦めています。

 

プログラミングを学ぶと、9割の方が挫折します。

これはプログラミングの理解の難しさや多種類な方法に原因があります。

 

これは例え話ですが、もし足し算を知らない状態で「1+2」を聞かれたらどうなるでしょう?

おそらく9割の方は答えられないかと。

 

しかし学校で先生に教えてもらったり誰かに聞くと、大半の方は理解して答えることができます。

これがプログラミングの挫折立が9割を超える理由です。

 

プログラミングの勉強方法には

  • 独学
  • スクールに通う

の2つがあります。

独学での勉強はかなり難しく多くの方が諦めます。

 

しかしスクールでは1から全てを学べるため、足し算引き算のように簡単に習得できます。

独学であれば挫折する確率はかなり高いですが、スクールに通えば挫折することなく習得が可能です。

現役エンジニアに学べる

スクールに通う最大のメリットとして、現役で働いているエンジニアにリアルな技術を学べます。

 

プログラミングは足し算引き算のように単純な並びで構成されています。

しかしプログラミングはどの順番で並べるべきか等の微小な違いがあります。

 

こういった違いは経験でどんどんと洗練されていくのですが、現役エンジニアに学ぶと最初からこの洗練された技術をまなべます。

バイト以外で稼ぎたい大学生が行くべきプログラミングスクール

確かにこの条件なら、スクールに通った方が良さそうだな…

でもバイト以外で稼ぎたい大学生は、どのプログラミングスクールに行けばいいの?

バイト以外で稼ぎたい大学生が行くべきなのは、「Freeks」というスクールです。

このスクールは僕がプログラミングを学ぶ際に実際に通ったスクールです。

 

Freeksというスクールは最近できたスクールで、安価で現役エンジニアにプログラミングを学べます。

これだけでもバイト以外で稼ぎたい大学生にはぴったりですが、他にも

  • オンライン対応
  • 24時間質問可能
  • 実践的な知識の習得

などなど他にはない特徴があります。

 

バイト以外で稼ぎたい大学生は、「Freeks」を選びましょう。

 

※ 追記

現在「freeks」では無料体験会が行われているので、少しでも興味のある方は参加することをおすすめします。

※ 無料体験会のみならお金は一切かかりません
※ 無料体験会はいつ終わるのかわからないのでお早めに 

大学生がバイト以外で稼ぐにはまとめ

大学生がバイト以外で稼ぐにはどうすればいいの?

こんな悩みはもうなくなったはずです。

 

大学生がバイト以外で稼ぐなら、プログラミングがぴったりです。

需要が高く習得が簡単なので、バイト以外で稼ぎやすいしその後も武器として持ち続けることができる。

 

スクールに通ってプログラミングを学び、バイト以上にバイト以外で稼ぎましょう。

 

※ 追記

現在「freeks」では無料体験会が行われているので、少しでも興味のある方は参加することをおすすめします。

※ 無料体験会のみならお金は一切かかりません
※ 無料体験会はいつ終わるのかわからないのでお早めに  

 

今回はここまで。

それではまた!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました