かっこいいダメージパンツの特徴【ストリートコーデには必須のアイテム】

PPAP
この記事は約3分で読めます。

ダメージパンツがよくわからない人「おしゃれを最近始めたけど、ダメージパンツってどんなパンツなんだろ…ワイドパンツとスキニーパンツの間な気がするけど、違うのかな?」

 

今回はこんな疑問に答えます。

☑️ 本記事の内容

  • ダメージパンツの特徴
  • 特徴を知るとさらにおしゃれが簡単に

この記事を書いている僕は、高校生の頃までおしゃれを全く知らず女性には避けられるほどでした。

しかし大学生になっておしゃれを勉強し、雑誌に掲載されるレベルまでに成長。

 

今回の記事はその時の経験と知識を元に、ダメージパンツの特徴を紹介します。

他の記事で自分の実績を公開している人は少ないため、記事の信頼担保になるかと。

ダメージパンツの特徴

ダメージパンツの特徴って何?

 

ダメージパンツの特徴としては、

  • ちょうど良い太さ
  • 足首が少し見える
  • テーパードが効いている

の3つがあげられます。

特徴を知るとおしゃれに活用する方法もわかるため、今回で特徴を知りましょう。

 

それぞれ解説していきましょう。

 

 

ちょうど良い太さ

ダメージパンツの最大の特徴として、ちょうど良い太さが挙げられます。

 

ダメージパンツはワイドパンツとスキニーパンツの間ぐらいの太さ。

なので両者の良いところを集めたアイテムでもあります。

 

スタイルがよく見える上にキメすぎ感も抑えれるため、おしゃれするのに最適です。

足首が少し見える

ダメージパンツは大半が9部丈で作られているため、足首が少し見えます。

 

足首を見せることでコーデ全体の清潔感が上がりますし、冬などであれば靴下を見せて遊ぶこともできます。

パンツの裾がたまるとコーデ全体の印象はかなり悪くなります。

 

なのでもともと9部丈のダメージパンツはおしゃれ初心者にぴったりです。

ストリート系のコーデができる

ダメージパンツはストリート系のコーデが簡単にできるという点もあります。

 

特にきれい目ストリート系のコーデは、ダメージパンツを使うと比較的簡単にできます。

僕はストリート系の幅が好きで、何本も持っています。

 

なのでストリート系のコーデが好きな人は購入しましょう。

ダメージパンツの特徴まとめ

「ダメージパンツの特徴って何?」

そんな悩みはもうなくなったはずです。

 

ダメージパンツはおしゃれに最適なアイテムです。

もし1つも持っていないなら、この機会に購入しましょう。

 

今回はここまで。

それではまた!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました