簡単な電車の中での勉強法【テスト直前まで勉強して点数を高める】

PPAP
この記事は約3分で読めます。

テスト直前の大学生「今日はテストだから電車内で勉強したいけどどうすればいいんだろ?」

 

今回はこんな疑問に答えます。

☑️ 本記事の内容

  • 簡単な電車の中での勉強法
  • テスト直前まで勉強して点数を高める

この記事を書いている僕は、大学生の時に電車内でかなり勉強していました。

他の記事で自分の実績を公開している人は少ないため、記事の信頼担保になるかと。

簡単な電車の中での勉強法【テスト直前まで勉強して点数を高める】

電車内でどうやって勉強すればいいの?

電車内で勉強するには、

  • 家でノート作る
  • 半分開いて勉強する
  • 暗記できるところはとにかく暗記

の3ステップを完了させればOKです。

実際僕はこの方法で勉強していて、テスト中に記憶がなくなるなんてことはありませんでした。

 

それぞれ解説していきます。

 

 

家でノート作る

電車内で勉強するためには、家でノートを作っておきましょう。

 

ここでいうノートとは、ルーズリーフを指します。

ルーズリーフであれば紙なので持ち運びや出し入れがしやすいので、電車内での勉強にぴったりです。

 

ノートには覚えることをとにかくまとめた上でかきまくりましょう。

半分開いて勉強する

電車に着いたらノートの半分だけを開いて勉強しましょう。

 

この半分開く理由ですが、省スペースと即席暗記ノートの2つの顔があります。

ノートの右側に問題、左に答えを書いていれば、自分だけの答えがすぐにわかる問題集ができます。

 

最終チェックとして活用できれば、大きな勉強の積み重ねとなります。

暗記できるところはとにかく暗記

社会などはほぼ確実に暗記をしますが、理科や数学等もできるところはとにかく暗記します。

 

式の導出や最適な計算方法。

これを知っていればテスト中の時間確保にも繋がり、正答率も高くなります。

 

ただ変に覚えると間違った解き方など怒ってしまうので、その点注意が必要です

簡単な電車の中での勉強法まとめ

「電車内でも勉強したいなぁ」

こんな悩みはもうなくなったはずです。

 

電車内でも勉強はできますが、ほぼ最終確認と同じ要領になります。

しかし、SNSを見て時間を潰すよりかははるかに大きな意味を発揮します。

 

今回はここまで。

それではまた!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました