おしゃれさんはさし色がうまい!大学生コーデの色の組み合わせとは?

着こなし方
この記事は約8分で読めます。

こんにちは!

あなたの大学生活を充実するようサポートする人間、あきらきです!

 

突然ですがあなたはコーデを組む時、色の組み合わせには気を使っていますか?

トレンドにそってオーバーサイズのアイテムを着たり、流行りのアイテムを身につけたり。

おしゃれな人は流行に敏感ですからね。

 

しかしどれだけ流行になっているアイテムを合わせても、おしゃれにみえない場合があります。

それは「色の組み合わせがうまくいっていない」場合です。

 

どれだけイケメンな方がトレンドにそった超おしゃれなアイテムを使っていても、色の組み合わせが下手だとダサく見えてしまいます。

例えば下記の服装をみてください。

 

 

どうですか?

超ダサいと僕は思います。

申し訳ないですが、超ダサいです(大事なことなので2回言いました)。

 

なので今回は、あなたのコーデがこのようにダサくならないよう色の使い方について解説します。

正しい知識を身につければ、あなたもおしゃれなコーデを組むことができます。

この記事を読むことで得られる情報

・色の使い方について

・おすすめな色の組み合わせ

・NGな色の組み合わせ

・その色を使用したコーデ

おすすめなさし色の組み合わせ

まずはおすすめな色の組み合わせを紹介します。

今回紹介する組み合わせは、おしゃれ初心者向けのものとなっています。

 

結論をいってしまうと、モノトーン+1色の組み合わせがおすすめです。

「さし色」と呼ばれるものですね。

この組み合わせは最も簡単であり、おしゃれ初心者の方でも合わせやすいものです。

 

モノトーンは簡単に言うと、白や黒の無彩色のことです。

1色は有彩色のことを指します。

 

注意点があり、この有彩色には明るすぎないものや蛍光色は避けましょう。

ピンクや黄緑色、水色は特にオススメしません。

さし色にしては主張が激しすぎて、色のバランスが崩れてしまいます。

 

選ぶ基準としては、暗めか原色のものを選びましょう。

 

かゑる
かゑる

暗めか原色・・・?

どんな色を組みわせればいいんだろうか?

 

こう思われた方も多いのではないでしょうか?

なのでここからは、さし色におすすめな色を3つ紹介します。

さし色1:赤色(真紅)

1つめは、真紅(しんく)です。

 

 

深みのある真っ赤な紅色のことです。『韓紅 からくれない』とは同色で、別に『深紅 しんく』とも表記します。現在では「真紅の花びら」などのように「真っ赤」と同じ意味でも使われます。

 

「赤」はコーデで組むには派手すぎると思われていますが、すこし暗めのものならとても便利な色です。

さし色2:緑色(孔雀緑)

2つめは、孔雀緑(くじゃくみどり)です。

 

 

孔雀の美しい青緑の羽のような鮮やかな青緑色のことです。孔雀の羽に見られる青みがかった鮮やかな緑に由来しています。『くじゃくりょく』とも読まれ、さらに『孔雀色 くじゃくいろ』の別名もあります。

 

「緑」はアースカラーの1つに含まれ、蛍光色以外であればおしゃれに着こなすことが簡単になる、万能な色となっています。

さし色3:青色(青藍)

3つめは、青藍(せいらん)です。

 

 

紫みを含んだ暗い青色のことです。藍染による『藍色 あいいろ』の中でも彩度が高い色で、明治以降の新しい色名になります。

 

「青」は緑と同様アースカラーに含まれ、さらにモノトーン+青はコーデで合わせやすいため、最も初心者におすすめな色です。

 

この3色のアイテムは、1枚で着てもインナーとしても活躍します。

特にこれからの時期使える、セーターやロングTシャツには最適なので、もし今お金に余裕があるのならば購入しておきましょう。

 

あきらき
あきらき

GUやUNIQLOでは上記であげた色のセーターが安く販売しているので、ぜひのぞいてみてください。

NGなさし色の組み合わせ

おすすめな色の組み合わせはわかりましたね。

モノトーン+1色はとても簡単です。

 

しかし先ほどから何度かいっているように、さし色にあわせてはいけない色もあります。

それは「明るすぎる色」や「蛍光色」です。

 

たしかにおしゃれな方はうまく合わせることがしれません。

しかし、あなたがおしゃれ初心者ならば下手に手は出さないでおきましょう。

 

かゑる
かゑる

明るすぎる色や蛍光色・・・。

どんな色を避ければいいのだろうか?

 

こう思われた方も多いのではないでしょうか?

なのでここからは、さし色にNG・やめておくべき色を3つ紹介します。

さし色1:ピンク色(躑躅色)

1つめは、躑躅色(つつじいろ)です。

 

 

赤い躑躅の花のような、鮮やかな赤紫色のことです。躑躅色は、『万葉集』にもその名前がみられる古くからの伝統色。躑躅の花には、白、赤、黄、紫など様々な色がありますが、一般的に躑躅の花の色といえばこの赤紫色を指します。

 

真ピンクと呼ばれる色ですね。

正直目が痛くなります。

この色は主張が強過ぎて、おしゃれに見せることはほぼ無理です。

さし色2:黄色(刈安)

2つめは、刈安(かりやす)です。

 

 

緑みの鮮あざやかな黄色で、山野に自生するイネ科ススキ属の植物「刈安」で染めたものです。一般に言われている刈安は「近江刈安」のことを指しています。古代、ススキの類は黄色染に用いられましたが、中でも刈安は、名前のように刈りやすく入手しやすかったため多用されました。

 

先ほどの色と比べるとまだましですが、それでも目が痛くなります。

ただうまく合わせればおしゃれに見せることができます。

しかしおしゃれ初心者の方はむずかしいです。

さし色3:緑色(若菜色)

3つめは、若菜色(わかないろ)です。

 

 

初春の若菜のような明るい黄緑色のことです。春先の山菜の色全体を指す爽やかな色ですが、「若菜」が「春の七草」の別名であることから春の七草に因 ちなんだ色とも言われています。

 

これがNG色の中で最もシンプルな色ですね。

ただこれもコーデには取りこむことが難しい色です。

これよりも明るいと確実におしゃれには見せることができないので、セレクトしないようにしましょう。

 

上記であげた3つは全て明るく、目を痛めるような色ばかりでしたね。

まるでテニスやバトミントンのユニフォームのようです。

なのでさし色にはこの色は使わないようにしましょう。

 

あきらき
あきらき

色が明るすぎると周りだけでなく自分までも疲れてしまうので注意が必要です。

おすすめなさし色を組み合わせたコーデ

おすすめなさし色とNGなさし色はわかりましたね。

これだけでもあなたはもうおしゃれになったようなものです。

 

かゑる
かゑる

ちょっとまって。

たしかにさし色はわかったけれど、どんなコーデを組めばいいのかわからないよ。

 

あなたもそう思ったのではないでしょうか?

なので次は、モノトーン+1色で組まれたコーデを紹介します。

簡単な組み合わせなので、あなたもぜひ真似してみてください。

コーデ1:赤色のさし色

1つめは、赤色のさし色を使用したコーデです。

 

〔引用元:D collection

 

赤のクルーネックTに白のレイヤードTシャツ、黒のスキニーパンツに黒の靴を合わせたコーデです。

 

7分丈で秋や春に最適なコーデとなっています。

スキニーを使用することで、スタイルを良く見せることができます1つめは、赤色のさし色を使用したコーデです。

コーデ2:緑色のさし色

2つめは、緑色のさし色を使用したコーデです。

 

〔引用元:D collection

 

緑のスウェットのしたに白のシャツ、黒のジャケットとスキニーパンツに靴を合わせたコーデです。

 

スウェットの襟元からシャツを見せ、その上からジャケットを着ることで大人っぽいコーデとなっています。

黒のセットアップはキッチリしすぎな印象がありますが、中に緑のスウェットを合わせることで適度なゆる感が生まれています。

コーデ3:青色のさし色

3つめは、青色のさし色を使用したコーデです。

 

〔引用元:D collection

 

青のデニムジャケットのしたに黒のクルーネックT、黒のスキニーパンツに靴を合わせたコーデです。

 

デニムジャケットはどの時期でも使用できる着まわしのしやすいアイテムですね。

色の組み合わせで、モノトーン+青は1番簡単でおしゃれに見えやすいので、おしゃれ初心者の方にはおすすめです。

 

どのコーデも真似しやすいコーデなので、ぜひあなたも真似してコーデを組んでみてください。

結論:おしゃれ初心者の大学生は、最初にさし色の組み合わせを学ぶと簡単におしゃれなコーデを組めるようになります

今回紹介した、モノトーン+さし色のコーデは本当に誰でもできます。

黒のスキニーパンツ+さし色のセーターでも十分おしゃれですから。

 

このコーデで色について学び、そこからまた違ったコーデを組むことができるようになります。

そうなればまたファッションの幅が広がり、楽しくなってきます。

 

あなただけのおしゃれを手にしましょう。

 

こんな感じで僕はあなたがおしゃれになる方法を紹介しています。

これまでのものは上記にまとめてあるのでよければそちらもご覧ください。

 

それではまた!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました