夏の博物館デートではこのコーデ!メンズ大学生におすすめなコーデを5つ紹介!

博物館着こなし方
この記事は約11分で読めます。

博物館にデートに行くことになったけど、どんなコーデをすればいいのかわからない!

滅多に行かないところだし、しっかりとTPOをわきまえた服装を知りたい!

 

わかるわかる。

博物館とかたまにしか行かないから、僕も知らなかったよ。

でもあるポイントをおさえれば、博物館で浮かないような服装ができるんだ。

 

え!本当に!?

 

本当だよ。

ということで今回は、夏の博物館デートですべき服装について教えるね。

今回は女性である私の意見も紹介します。

 

夏の博物館は、カップルのデートにおすすめなデートスポットです。

日焼けもしないし静かで落ち着く場所だし、なにより涼しくて快適。

 

男性にとっても女性にとってもメリットがあります。

ですがあまり行く場所ではないため、どんな服装をすればいいのかわからないという方が結構います。

 

さらに博物館は上品な場所なので、TPOをわきまえる必要があります。

あまり知られていないけれど絶対にしてはいけないことや服装などもあります。

 

ということで今回は博物館デートにおすすめなコーデとマナーについて解説します。

 

☑️ この記事の内容

  • 博物館でのコーデのポイント
  • おすすめのデートでのコーデ
  • 絶対に守るべき博物館のマナー
  • これであなたもおしゃれの仲間入り

 

この記事を書いている僕は、

  • 3年前からおしゃれを勉強
  • 雑誌掲載レベルのおしゃれさん

です。

それをふまえて紹介していきます。

夏の博物館デートでのコーデのポイント

☑️ 博物館デートでのポイント

  • 落ち着いた服装を意識
  • カッチリしすぎな服はNG
  • 大きいサイズのかばんは持たない

 

博物館デートのコーデで意識すべきポイントは上記の3つです。

それぞれ解説していきます。

ポイント1:落ち着いた服装を意識

博物館コーデ

 

博物館は上品で落ち着いた場所です。

なので服装も、派手すぎない服装を選びましょう。

 

Tシャツコーデやモノトーンコーデが王道です。

まちがっても迷彩柄の服やド派手な柄シャツでは行かないようにしましょう。

 

TPOに合っていない服装をされては、どれだけ顔がよくて好きでも引いてしまいます。

 

ポイント2:カッチリしすぎな服装なNG

博物館コーデ

 

落ち着いた服装を意識すべきなのですが、カッチリしすぎな服装もさけましょう。

博物館は上品なところではありますが、ドレスコードでいくほどの場所ではありません。

 

すこしカジュアル要素のあるコーデが理想です。

バンドカラーシャツやワイドパンツ、スニーカーなどをうまく使いましょう。

 

私服OKの学校で、めちゃくちゃしっかりしたタキシードを私服としてきている人がいると違和感があるのと同じ感覚です。

 

ポイント3:大きいサイズのかばんは持たない

博物館コーデ

 

博物館のなかに大きいカバンを持っていくのはやめましょう。

大きいカバンを持っていると、移動しにくかったり美術品を傷つけたりとかなり不便です。

 

肩かけかばんやリュック、トートバッグを持っていきましょう。

どうしても大きいかばんを持たないといけないという方は、博物館には基本ロッカーがあるのでそこに預けましょう。

 

美術品を盗む人以外ならば、そんなに大きなかばんは必要ありませんしね。

 

 

博物館デートでのコーデは上記の3点を徹底しましょう。

逆にこれを守っていないと、彼女に引かれたり浮いてしまったりします。

 

ですが「守るべきこと」がわかっても、具体的にどんなコーデをすればいいのかわからないという方もいるでしょう。

ということで次は、夏におすすめな博物館コーデを5つ紹介します。

夏におすすめの博物館デートコーデ

☑️ 夏の博物館におすすめなコーデ

  • 白Tシャツでモノトーン
  • ベージュシャツで統一感を
  • グレー系コーデでモードに
  • チェックパンツでさわやかに
  • バンドカラーシャツで大人っぽく

 

夏の博物館デートのコーデでおすすめなのは上記の5つです。

それぞれ解説していきます。

コーデ1:白Tシャツでモノトーン

メンズ博物館コーデ

 

1つめは白のTシャツに黒のスキニーパンツ、黒の革靴をあわせたコーデです。

かなりシンプルなコーデですが、アクセサリーが個性をかもしだします。

 

博物館コーデに落ち着いた服装が大事と解説しましたが、このコーデではアクセサリーを上品に活用できています。

そのため博物館でのコーデにぴったりなのです。

 

パンツの色と靴の色をあわせることで、足長効果も発生しています。

 

ジャラジャラしすぎている人は苦手ですが、これくらいちょこっとだけ上品に活用できている人はかっこいいですね。

 

コーデ2:青色のTシャツで上品に

博物館コーデ

 

2つめは青のTシャツにラインパンツ、黒のサンダルを合わせたコーデです。

上品な青のTシャツにラインパンツを組み合わせることで、うまくバランスの取れたコーデになっています。

 

レイヤードと靴下に白を使うことで、大人っぽいコーデになっています。

黒のトートバッグもシンプルでおしゃれです。

 

Tシャツの青が結構鮮やかで、うまく着こなせているためかなりおしゃれですね。

コーデ3:グレー系コーデでモードに

メンズ博物館コーデ

 

3つめはグレーのTシャツとグリーンのパンツ、白の靴下に黒の革靴をあわせたコーデです。

先ほどとは違い、色を何色か使っていますね。

 

グレーは他のものを強調して雰囲気をかもしだす色なので、大人っぽさが格段にあがります。

そこにくすんだグリーンのスラックスを組み合わせることで、カチッとしすぎないコーデになっています。

 

グレーを着こなせる人はおしゃれ上級者だとおもいます。

コーデ4:チェックパンツでさわやかに

博物館コーデ

 

4つめは黒のTシャツにグレーのチェックパンツ、黒のサンダルを合わせたコーデです。

パンツにグレーのチェックパンツを使っているのが印象的ですね。

 

コーデの色をモノトーンでまとめることで、上品さがあります。

その上品さにくわえ、首元をみせたり足首をみせたりすることでカジュアルさがプラスされおしゃれになります。

 

レイヤードTシャツで重ね着をしている点もおしゃれですね。

 

 

コーデ5:バンドカラーシャツで大人っぽく

メンズ博物館コーデ

 

5つめは白のバンドカラーシャツに青のパンツ、黒の革靴をあわせたコーデです。

シンプルに見えますが、ブルーのパンツがおしゃれな雰囲気をかもしだしますね。

 

トップスに使用しているバンドカラーシャツは、普通のシャツとは違いえりがありません。

なので他の方とは違う、差別化をはかることができます。

 

バンドカラーシャツ+スラックスはフォーマル感が強くなりがちですが、パンツを青にすることでちょうど良い大人っぽさがあります。

 

 

今回紹介した5つのコーデ以外にも、博物館にぴったりなコーデはたくさんあります。

ですが、一歩間違えればTPOを意識した服装とは違った服装になってしまいます。

 

なので自信のない方は上記の5つのコーデのどれかを真似してみましょう。

きっとあなたなら着こなすことができるので、安心してデートを楽しんでください。

 

ですが博物館マナーをもし知らなければ大変なことをしてしまい、彼女に嫌われるかもしれません。

なので次はあなたがデートで嫌われないように、守るべきマナーを紹介します。

博物館で絶対に守るべきマナー

☑️ 博物館で守るべきマナー

  • 小声で話す
  • 飲食はしない
  • 美術品に触らない
  • 帽子はかぶらない
  • 写真は許可されているところだけ

 

博物館では必ず守るべきマナーは上記の5つです。

それぞれ解説していきます。

マナー1:小声で話す

常識ですが、博物館では小声で話しましょう。

何度も解説している通り、博物館は静かで落ち着くところです。

 

そこで大声で話したとしたら、確実に周りの方の迷惑となります。

最悪警備員に追い出されることもあるので、必ず静かに見ましょう。

 

博物館でうるさい男性は最悪ですね。

マナー2:飲食はしない

これも常識ですが、絶対に飲食はしてはいけません。

これは床におちた食べかすを狙ってくる害虫などが、作品を傷つけてしまう可能性があるからです。

 

何百年も前に作られた作品もありますから、かなりデリケートな状態です。

そっとしておいてあげましょう。

 

ガムぐらいならOKなところもありますが、まちがってもスナック菓子等は絶対にやめましょう。

マナー3:展示品に触らない

先ほどは間接的に展示品を傷つけるということを話しましたが、これは直接的に傷つけています。

人間性を疑うぐらいあり得ない行動です。

 

絶対に展示品はさわってはいけません。

目でみてふれましょう。

 

人生全てを償っても払いきれないような額を請求される可能性もあります。

マナー4:帽子はかぶらない

これはあまり知られていませんが、博物館内では帽子はかぶらないほうが良いです。

つばの部分が展示品に触れてしまう可能性があるからです。

 

なので博物館に入ったら、帽子をふくめ展示品に当たってしまいそうなものはかばんにしまいましょう。

室内だと帽子もいらないですしね。

 

雨の日には傘などにも気をくばりましょう。

マナー5:写真は許可されているところだけ

写真は許可されているところだけとりましょう。

これは博物館によってルールが違いますが、原則禁止です。

 

もし写真を撮ってSNS等にあげれば、たちまち炎上して人生が歪むかもしれません。

展示品に集中するため、スマホの電源は切っておくのが最善ですね。

 

せっかく博物館にきているのに、彼氏がスマホばかり触っていると嫌になります。

 

他にも博物館のマナーはたくさんありますが、この5つだけは確実に守りましょう。

博物館ごとに注意点があるので、それを事前に調べておくということも重要です。

 

彼女に嫌われないようマナーをしっかり守ってください。

彼女がマナー違反をしようとしたら止めるのも、イケメンな彼氏の努めですよ。

博物館デートのコーデまとめ

「博物館にどんな服を着ていけばいいかわからない」

そんな悩みはもう無くなったことでしょう。

 

これまでの内容をまとめると、

☑️ 博物館デートでのポイント

  • 落ち着いた服装を意識
  • 露出度の高い服はさける
  • 大きいかばんは持たない

☑️ 夏の博物館におすすめなコーデ

  • 白Tシャツでモノトーン
  • 青色のTシャツで上品に
  • グレー系コーデでモードに
  • チェックパンツでさわやかに
  • バンドカラーシャツで大人っぽく

☑️ 博物館で守るべきマナー

  • 小声で話す
  • 飲食はしない
  • 展示品に触らない
  • 帽子はかぶらない
  • 写真は許可されているところだけ

といった感じです。

 

博物館は室内でかなり快適なので、2人の機嫌が悪くなることもありません。

もし人が多ければ、「はぐれると危ないから」というふうに自然に手をつなぐことができます。

 

この機会に、恋愛の一歩を踏み出してみるのはいかがでしょうか?

応援しています。

それではまた!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました