彼女を座席奥に座らせる理由【紳士的エスコートで好感度を高める】

PPAP
この記事は約2分で読めます。

電車での座り位置に迷っている人「デートで電車に乗ったんだけど、座席の奥か通路側かどちらにいけばいいのかわからない。」

 

今回はこんな疑問に答えます。

☑️ 本記事の内容

  • 彼女を座席奥に座らせる理由
  • 紳士的エスコートで好感度を高める

この記事を書いている僕は、電車では彼女を座席奥に座ってもらいます。

他の記事で自分の実績を公開している人は少ないため、記事の信頼担保になるかと。

彼女を座席奥に座らせる理由【紳士的エスコートで好感度を高める】

なんで彼女に奥の席に座ってもらうの?

 

彼女に座席奥に座ってもらう理由としては、

  • 紳士的
  • 降りる時エスコートできる
  • 別れる時も目線を合わせれる

の3つがあげられます。

これは僕が自分で思ってしていることなので、まあ次に迷った時は参考にしてみてください。

 

それぞれ解説していきます。

 

 

紳士的

女性を電車の座席奥に座らせるのは紳士的とよく言われています。

 

いわゆるレディーファーストというものですね。

先に女性を座らせて、自分はあとから座るということです。

 

まあ窓側に座っていれば、基本的に変なことは起こりませんからね。

降りる時エスコートできる

男性が通路側に座っていると、電車を降りる時に先に立って待つことができます

 

なんなら女性が立ち上がる時に手助けをすることもできます。

僕的には女性が先に立って男性があとから立つというのはなんか亭主関白っぽくて。

 

そういった点で男性は通路側に座ることをおすすめします。

別れる時も目線を合わせれる

男性が通路側に帰りの電車で座っていると、女性の方が電車を降りる際同じ目線で挨拶ができます。

 

男女共に立ち上がっている瞬間があるからですね。

そっちの方が彼女をちゃんと見れるし。

 

まあサラッと「バイバイ」とでも言いましょう。

彼女を座席奥に座らせる理由まとめ

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました