大学生が身長を高くする手段3選【本気で伸ばしたい人向け】

大学生が身長を高くする方法身長
この記事は約8分で読めます。

身長を高くしたい大学生「今年から大学生だけど身長が163cmしかなくて女の子にも抜かされてる…でも大学生だと成長期も終わってるだろうし、もう身長は高くならないのかな?」

 

今回はこんな疑問に答えます。

☑️ 本記事の内容

  • 大学生が身長を高くする方法
  • 大学生からでも身長は高くできます

この記事を書いている僕は、大学生4年間の間に身長を16cm高くすることに成功。

他の記事で自分の実績を公開している人は少ないため、記事の信頼担保になるかと。


そもそも大学生が身長を高くする意義って何?

そもそも大学生が身長を高くする意義とは何か。

今身長を高くしたいと考えている大学生の大半は、他の大学生に見下されたくなかったりモテたかったりが大半かと。

 

しかし大学生のうちに身長が高くなると、それ以外にもメリットがあります。

 

大学生のうちに身長が高くなって感じたメリットは、

  • モテる
  • おしゃれしやすい
  • スタイルが良くなる
  • 高い所のものを取れる
  • 雰囲気イケメンになれる
  • デートで身長差が生まれる
  • 遠くまで見えるようになる

などなどさまざま。

 

上記の記事で紹介しているように、大学生のうちに身長を高くすると多くのメリットがあります。

後々詳しく解説しますが、24歳前後になると身長は高くならないので身長を高くしたい大学生はすぐに対策しましょう。

大学生が身長を高くする方法

大学生のうちに身長を高くするメリットはわかったけれど、結局のところ僕の身長は高くなるの?

結論を先にいうと、大学生でも100%身長を高くできます。

身長が高くない大学生は、

  • 栄養不足
  • 生活習慣の乱れ
  • 骨の成長の停滞

の3つのどれかが原因となっている可能性が高い。

なのでこの3つを対処することができれば、身長はかならず高くなるんですよね。

 

それぞれ解説します。

栄養不足

栄養不足であると身長はほぼ確実に高くならず、身長が高くない大学生の大半はこれが原因です。

 

身長を高くする栄養素は、

  • 亜鉛
  • ビタミンD
  • たんぱく質
  • カルシウム
  • マグネシウム

などが代表的です。

 

厚生労働省の国民健康・栄養調査データによると、日本人全体の大学生の6割がこれらの栄養が不足。

その中でも身長が高くなる大学生は稀にいますが、基本的には身長はあまり高くなりません。

 

なので先ほど挙げた栄養素を重点的に摂取すると、身長が高くなる可能性が高まります。

生活習慣の乱れ

生活習慣が乱れていると正常に成長ホルモンが分泌されず、大学生になっても身長が高くなりません。

 

体内リズムを調整する作用をもつものは「同調因子」と呼ばれます。

生活習慣が乱れている大学生はこの同調因子が乱れており、昼夜逆転したり食事周期が変だったり。

 

同調因子が乱れると脳が混乱して、身長を伸ばす成長ホルモンをいつ分泌すれば良いのかわからない状態に。

結果として成長ホルモンが少量しか分泌されず、身長を高くする作用がかなり減少します。

 

ちなみに遺伝で身長が高くなるというのは全くの嘘で、身長が高い親と生活リズムが同じというのが真実。

「身長が高くなる同調因子の生活習慣」により、うまく成長ホルモンが分泌されて身長が高くなります。

骨の成長の停滞

どれだけ十分な栄養を摂取して正しい生活習慣をしていても、骨の成長が停滞していれば身長は高くなりません。

 

骨には「骨端線」というものがあり、発達していれば限りなく身長が高くなる可能性があります。

ただ逆にこの「骨端線」の発達が止まると、身長がそれ以上に高くなることは厳しい。

 

骨の長さは身長の高さに直接関係するため、骨の成長が止まるのはかなり痛手。

ただ一般的に「骨端線」の発達が完全にとまるのは24歳前後といわれているため、大学生であればまだ身長を高くすることができます。

 

大学生の身長が高くならない原因は、上記の3つのどれかです。

あなたも当てはまった原因があったはず。

先ほど解説したように骨端線は24歳前後で発達が止まるため、身長を高くできるのは今しかありません。

大学生の僕が身長を高くした方法

なるほど、確かに僕も栄養不足な上に生活習慣が乱れていたな…

じゃあその2つを改善したら身長は高くなるんだよね!

 

残念ながら、その2つを改善しても身長は高くなりません。

理由は1度身長の成長が止まると、脳自体が身長を高くすることをやめてしまうから。

 

先ほど解説した骨端線は24歳前後まで発達しますが、途中で身長を高くできないと判断した場合は休眠状態に。

なので脳に身長を高くする指令を送り、骨端線を再び発達させる必要があります。

 

結果的に僕の身長を高くしたのは、

  1. サプリメント
  2. 亜鉛
  3. インソール

の3つの方法。

効果があった順に紹介しており、身長をかなり高くしたいという大学生はサプリメントを選びましょう。

 

それぞれ解説します。

サプリメント

成長期の栄養不足に必要なプラステンアップとは

サプリメントは身長を高くする栄養素に加えて骨の成長を促進させる成分などを含むため、身長をかなり高くしたい大学生はこれ一択。

 

サプリメントと聞くとあまり良い印象を抱かない大学生が多いですが、それは昔の印象で今は無承認無許可医薬品などの法律により高品質なものが大半。

特にダイエットなどのサプリメントはあまり効果が実感できないものが多いですが、身長のサプリメントはかなり効果を実感できます。

 

これは日常生活で足りていない栄養素や骨の成長を促進させる成分のほか、骨端線を再び発達させる成分を含み身長を高くすることだけに特化しているから。

簡単にいうと、「とにかく身長が高くなる」ということです。

 

ただ身長が急激に高くなることによる成長痛や、サプリメントの価格から全ての大学生におすすめはできません。

しかし身長が確実に高くなるのは事実なので、本気で身長を高くしたい大学生のみ使いましょう。

 

ちなみにプラステンアップの6ヶ月使用レビュー【大学生でも身長が+10cm】の記事では、僕がサプリメントを使用して身長を伸ばした際の経過を紹介しています。

 

亜鉛

亜鉛はもともと身長を高くする効果がかなりある栄養素で、普通は不足しませんが運動や悪い食生活をすることで不足して身長が高くならなくなります。

 

亜鉛は先ほども解説したように、身長を高くする代表的な成分です。

普通の食事をしていれば摂取量としては十分足りるのですが、不健康な食事だったり運動をすることで不足します。

 

ただ亜鉛を摂取しても身長が高くなるのは2cmほどで、あまり効果は期待できません。

しかし亜鉛自体の価格が安かったり身長を高くする以外にも効果があるため、少し身長を高くしたい大学生におすすめです。

 

インソール

インソールは身長を高くするわけではありませんが、すぐに身長を高く見せることができたり身体測定でズルができたりとメリットがあります。

 

今回紹介するインソールは、いわゆるシークレットインソールと呼ばれるもの。

靴の中に入れて身長を高く見せます。

 

最近では7cmもあるインソールなどもあり、かなり身長を高く見せることができます。

種類によっては靴下の中に入れるタイプもあるので、身体測定等でもバレずに身長を守ることが可能です。

 

ただ急激に身長が高くなりすぎると怪しまれたり、インソールが高すぎてバランスが取れず歩きにくいなんてことも。

しかし価格が安かったり高身長に見せることができるため、すぐに身長を高くしたい大学生にはおすすめです。

 

大学生が身長を高くする方法まとめ

「大学生から身長を高くしたい」

そんな悩みはもうなくなったことでしょう。

 

大学生からでも身長を高くすることは100%できます。

これは大学生の僕が実際に体験して実証したことです。

 

身長をかなり高くしたい大学生はサプリメント。

すこし身長を高くしたい大学生は亜鉛。

すぐに身長を高くしたい大学生はインソールといった感じ。

自分にあった身長を高くする方法を選んでくださいね。

 

ちなみにこれを読んで行動する大学生は、100人いても2人ほど。

つまり大半は「でも〜」「だって〜」「面倒だし〜」と、行動しない自分を正当化してせっかくの人生を変えるチャンスを逃します。

 

ここまで読んだあなたには、そうなって欲しくない。

身長を高くして最初に説明したメリットを感じてほしいと思っています。

 

応援しています。

それではまた!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました