【りんご】
Appleの2019新作情報!iPhone11はあんまりおすすめではない!?

愛すべきクソ記事
この記事は約8分で読めます。

こんにちは!

Apple大好き人間、あきらきです!

 

日本時間9月11日午前2時、Appleの新作情報が発表されました!

今回発表されたのは、サービスをいくつかとAppleWatch、iPad、iPhoneの新作です。

 

ネット上では、今年はあまりいいものは発表されないということが言われていましたね。

まあツイッターでの意見を見ると実際そうだったみたいですが・・・。

 

今回は発表されたものやその基本情報、追加された機能等をまとめました。

あなたも新しいものを知り、世界においていかれないようにしましょう。

この記事を読むことで得られる情報

・新しく発表された製品

・どんな感じのタピオカか

・新作のスペックや価格等

・僕の思う、買うべきかどうか

新作情報!

今回は以下の3つの新作が発表されました!

・iPhone

・iPad

・AppleWatch

 

1つ1つ機能を以前のものと比較しながら見ていきましょう!

iPhone

これはだいぶ前から言われていましたね!

なんなら待っていた方が一番多いのではないでしょうか?

 

今回発表されたのは、iPhone11、iPhone11Pro、iPhone11ProMaxの3つ。

それでは前回の最新版と比較して、今回のiPhoneを見ていきましょう。

iPhoneXrとiPhone11

iPhone11

まずはiPhone11の性能を、前回出たiPhoneXrと比較しつつ見ていきましょう。

 

見やすくするために上がiPhoneXr、下がiPhone11とします。

 

画面大きさ

Xr:6.1inch

11:6.1inch

 

カラーバリエーション

Xr:ブルー、ホワイト、ブラック、イエロー、コーラル、レッド

11:パープル、イエロー、グリーン、ブラック、ホワイト、レッド

 

カメラ

Xr:シングル12MPカメラ(広角)

11:デュアル12MPカメラ(広角&超広角)

 

動画撮影

Xs:最大60fpsの1080p、HDビデオが撮れるTrueDepthカメラ

11Pro:最大60fpsの4Kビデオが撮れるTrueDepthカメラ

 

耐水性能

Xr:水深1メートルで最大30分間の耐水性能

11:水深2メートルで最大30分間の耐水性能

 

容量

Xr:64、128GB

11:64、128、256GB

 

価格

Xr:¥64,800〜

11:¥74,800〜

 

iPhone11は、外観はサイズは完全にそのままでカメラがデュアルカメラになりました。

 

今回はカメラに力を入れた新作のようで、4Kの動画が撮影可能で映画のような動画を誰でも撮影することが可能です。

さらに今回新しくついた「ナイトモード」を使用すると、今までは暗くて撮影できなかった場所でも微弱な光を感知して、明るいところで撮ったかのような写真を撮影することが可能です。

 

そして、広角レンズと超広角レンズのデュアルカメラがつきました。

超広角レンズを使用することで、「0.5倍率」を実現し広角で撮影することが可能になりました。

iPhone Xrよりも1時間長くバッテリーがもちます。

iPhoneXsとiPhone11Pro

iPhone-two

次はiPhone11Proの性能を、前回出たiPhoneXsと比較しつつ見ていきましょう。

見やすくするために上がiPhoneXs、下がiPhone11Proとします。

 

画面大きさ

Xs:5.8inch

11:5.8inch

 

カラーバリエーション

Xs:シルバー、スペースグレイ、ゴールド

11Pro:ミッドナイトグリーン、シルバー、スペースグレイ、ゴールド

 

カメラ

Xs:デュアル12MPカメラ(広角&望遠)

11Pro:トリプル12MPカメラ(広角&望遠&超広角)

 

動画撮影

Xs:最大60fpsの1080p、HDビデオが撮れるTrueDepthカメラ

11Pro:最大60fpsの4Kビデオが撮れるTrueDepthカメラ

 

耐水性能

Xs:水深2メートルで最大30分間の耐水性能

11Pro:水深4メートルで最大30分間の耐水性能

 

容量

Xs:64、256、512GB

11Pro:64、256、512GB

 

価格

Xs:販売終了

11Pro:¥106,800〜

 

iPhone11にProがつきました。

主な変化といえば、先ほどのデュアルカメラが望遠カメラを追加することで、トリプルカメラになったことぐらいですね。

この望遠カメラがあることで、先ほどまでは1倍率、0.5倍率しかできませんでしたが、2倍率もできるようになりました。

 

iPhone11ProとiPhone11は画面のピクセル数も違います。

iPhone11は、 1,792×828ピクセル

iPhone11Proは、2,436×1,125ピクセルとなっています。

 

さらにコントラスト比がiPhone11は1,400:1に対し、iPhone11Proは2,000,000:1となっています。

こう見ると、やはりiPhone11は劣化版感が否めないですね。

 

iPhoneXsよりも4時間長くバッテリーがもちます。

iPhoneXsMaxとiPhone11ProMax

iPhone-three

次はiPhone11ProMaxの性能を、前回出たiPhoneXsMaxと比較しつつ見ていきましょう。

見やすくするために上がiPhoneXsMax、下がiPhone11ProMaxとします。

 

画面大きさ

XsMax:6.5inch

11ProMax:6.5inch

 

カラーバリエーション

XsMax:シルバー、スペースグレイ、ゴールド

11ProMax:ミッドナイトグリーン、シルバー、スペースグレイ、ゴールド

 

カメラ

XsMax:デュアル12MPカメラ(広角&望遠)

11ProMax:トリプル12MPカメラ(広角&望遠&超広角)

 

動画撮影

XsMax:最大60fpsの1080p、HDビデオが撮れるTrueDepthカメラ

11ProMax:最大60fpsの4Kビデオが撮れるTrueDepthカメラ

 

耐水性能

XsMax:水深2メートルで最大30分間の耐水性能

11ProMax:水深4メートルで最大30分間の耐水性能

 

容量

XsMax:64、256、512GB

11ProMax:64、256、512GB

 

価格

XsMax:販売終了

11ProMax:¥119,800〜

 

iPhone11ProにMaxがつきました。

外観としては、サイズの変化以外は何も変わっていません。

 

画面のピクセル数が、iPhone11Proと少し違います。

iPhone11Proは、2,436×1,125ピクセル

iPhone11ProMaxは、2,688×1,242ピクセルとなっています。

 

iPhoneの中で最長、iPhone XS Maxより最大5時間長くバッテリーが持ちます。

Apple Watch

 

新しくなったAppleWatchは、コンパスが使用できます。

高度をチェックしたり、曲がりくねった道でも山や谷でも活躍します。

 

時計は手首につけるものなので、そこから心拍数を読み取ることが可能です。

心拍数が通常より高すぎたり、低すぎたりしたら通知を届けます。

 

さらに騒音が聴覚に影響を与えかねないレベルに達したら、新しいノイズアプリがそれを知らせます。

 

価格は¥42,800〜となっています。

iPad

10.2インチのRetinaディスプレイが搭載されたことで、とても使いやすくなりました。

さらにiPad OSにより、これ以前よりも非常に使いやすくなります。

 

例えば複数使用。

iPad OSにより、複数のアプリを同じ画面上で使用できるようになりました。

さらにPS4やXBOX等のコントローラを使用し、ゲームを行うことも可能になりました。

 

全画面ではなく、TouchIDのままなのでiPadは今後も購入されそうです。

価格は¥34,800〜となっています。

僕の思う買うべきかどうか

直接発表会をみて、買うべきか買わないべきかどう思ったのか。

 

正直にいうと、iPhoneはあんまりいいとは思いませんでした。

確かに0.5倍率やコントラスト比は素晴らしいと思います。

でも今年にそれを買う価値があるのかどうか・・・。

 

もし充電口がUSB-Cであったり、5Gに対応していれば購入したかもしれませんが、そうではないとなるとわざわざ買う意味はないと思います。

しかも2020にはもっとすごいものを発表すると、Appleが発言していますから来年まで待ったほうがいいと思います。

 

他のiPadとAppleWatchはどちらでもいいと思います。

特にiPadはあまり高くはないので、大学生がレポートを作成するぐらいならできます。

僕もそれで学校のレポートは作成しています。

MacBookを購入するよりかはだいぶ安価で済ますことができます。

まとめ

Appleの新作、いかがでしたか?

ぼくはAirPodsが出ると考えていたのですが、意外と出なかったですね・・・。

ノイズキャンセリングとか結構期待していたのですが。

 

まあ2020に期待ですね。

そんな急ぐことでもないですから、気長に待ちましょう。

 

それではまた!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました