【集中】
精神的に辛いなら逆立ちしてみてください、頭がスッキリします

愛すべきクソ記事
この記事は約3分で読めます。

こんにちは!

感情薄め人間、あきらきです!

 

あなたは精神的に辛いとき、何をしますか?

趣味に没頭する?

ひたすら泣く?

僕は逆立ちします。

 

「バカじゃねえのか!?」

と思われるかもしれませんが、意外とスッキリします。

 

今回は、なぜそうしだしたのかというのと、意外な科学的根拠についてまとめていきます。

あなたも逆立ちして、辛い時間を最小限にしましょう。

逆立ちをした理由

まずはなぜそうしだしたのかです。

普通に考えると、人間そんなことしようと思いませんよね。

 

これはある音楽を聴いているときに、聞こえてきた言葉があります。

 

 

サカナクションのさよならはエモーションです。

この曲の歌詞中に、ある言葉があります。

そのまま

そのまま

両手を床について

僕は逆立ちした

僕はこの歌詞を、昔悩んでいるときに聞きました。

 

その時までは何も思わず聞いていたのですが、この時はなぜか心に刺さりました。

そして逆立ちをしてみたのです。

 

するとなぜか頭がスッキリしました。

逆立ちしたことによって、頭の頂点から悩みがずるずると出て行くように。

 

なのでそれ以降は、精神的に辛い時や考え事をする時は逆立ちをすることにしています。

ながいときでは、10分ほどしていることもあります。

逆立ちの科学的根拠について

僕は最初、逆立ちで頭がスッキリするのは偶然だと思っていました。

しかし以前調べてみると、なんと科学的根拠があることが判明したのです。

 

科学的根拠というか、正しくは理屈ですね。

 

逆立ちをすると、頭に血が上ります。

するともちろん脳に酸素が多く回りますね。

それによって頭がスッキリするということです。

 

逆に長時間座っていると、立ち上がったときに貧血症状が現れますね。

ちなみに僕は貧血症状で何回も倒れています。

 

気持ちの問題だと思っていたのですが、結構意外でしたね。

しかしこれには問題がありまして、やりすぎると頭に血が上りすぎてしまい、頭が痛くなってしまいます。

さらに高血圧の方等がすると、脳の血管が破れないとは限らないので注意してくださいね。

困った時は逆立ちしましょう

逆立ちの効果、知っていましたか?

会議等でいい案が出ない時は、だらだらしょうもない話をするのではなく、全員で逆立ちをするのがいいかもしれませんね。

 

するとどうなるでしょう?

ブラックではなく逆立ち企業になるかもしれませんねぇ。

 

皆さんも悩んでいる時、考えている時は逆立ちをしてみてください。

まあそれを人に見られると、「へ?」って顔をされますけどね。

 

!たまはでれそ

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました