【防災】
災害が発生した時あなたは?このお風呂のシステムの問題点を見つけてください

愛すべきクソ記事
この記事は約4分で読めます。

こんにちは!

以前防災に関する講義を受けて結構衝撃を受けた人間、あきらきです!

 

あなたは災害に対して、どんな意識を持っていますか?

怖い?恐ろしい?

 

残念ながら、人間の大半は災害を経験しておらず、どれほど辛いのかを体験したことがありません。

実際、僕もありません。

 

しかし以前防災に関する講義があり、衝撃を受けた話があるので紹介します。

体験したことがなくても、こんなことがあるということを覚えておいてください。

地震後のお風呂の管理について

地震が起こると、まずは避難します。

そこには食料やボランティアの方々が来ます。

 

災害から何日かたつと、自衛隊の方が来てお風呂を作ってくれます。

それをボランティアの方が入浴時間等を管理します。

 

僕が話を聞いた方は、ボランティアでその現場にいき、男女が別の時間に入浴するシステムを作って管理していたそうです。

 

男性が入る時間には男性が、女性が入る時間には女性が誰が来たか等を管理するシステムです。

 

男女をちゃんと隔離して、みんなが入浴できるシステム。

システムを作った本人もそう思っていたようです。

発生したイレギュラー

しかし、災害時にはイレギュラーが日常のように発生します。

 

今回も例に漏れず、イレギュラーが発生してしまいました。

なんだと思いますか?

ここからは聞いた話をほとんどそのまま書きます。

 

お風呂に入る人間を管理している中、ある年をとった女性が近づいてきました。

 

バレンタイン
Aさん

おばあちゃん、どうしたのですか?

 

Twitter上の人
おばあちゃん

お風呂に入りたいんやが、入られへんのや

 

 

その時は男性の入浴時間でした。

 

バレンタイン
Aさん

(システムを理解されていない・・・?)

バレンタイン
Aさん

おばあちゃん、今は男性の入浴時間なので、女性の入浴時間にきてください。

 

 

Twitter上の人
おばあちゃん

ちがうんじゃ、それじゃだめなんや。

 

なぜダメなのでしょうか?

年をとった女性でも、女性の入浴時間に来ればいいのでは?

 

なのでAさんは、話をゆっくりと聞いてみることにしてみました。

 

バレンタイン
Aさん

おばあちゃん、なぜだめなのですか?

 

Twitter上の人
おばあちゃん

実は私には、知的障害を持った子供がおるんや。

その子は昔から私としかお風呂に入ったことがなくて、1人じゃ入られへん。

だからこのシステムでは、うちの息子は入浴ができへんのや。

 

 

Aさんはその話を聞いた時、やっとシステムの抜け穴に気づいたのです。

自分が完璧だと思っていたシステムに、そんな大きな問題があったとは。

 

その時は男性と女性の入浴時間の間に時間を取り、その間に入浴を許可したそうです。

あなたはこのシステムの穴、気づいていましたか?

結論:必要なのは「予定に忠実」ではなく「解決する柔軟性」

このイレギュラーから学べることは、2つあります。

 

1つめは避難してくる方には、いろいろな方がいるということ。

災害が起こるといろんな方が避難してきます。

 

そうするといろんなかたが集まります。

体の不自由な方、ジェンダーレスの方、アレルギーがある方。

この記事を読んでいるあなたは、差別など絶対にしないと思いますが。

 

もしボランティア等に参加する場合は、その方々全員のことを考えてください。

上記のようなシステムを作る方はなおさらです。

 

2つめは災害には予定など通用しないということ。

仮に完璧だと思っていても、どうしても穴が出てきてしまいます。

 

なので求められるのは柔軟性です。

もし急に想定外の問題が発生した時に、どれほど早く適切な対応を取れるか。

 

日本人はこの技術が非常に弱いです。

予定通りのことしかできない。

もし万が一のことが起こっても、頭を切り替えて絨毯に対応するか、「想定外を想定」しておきましょう。

 

災害は起こらないに越したことはないですが、残念ながら避けることのできない自然災害です。

もしそこに当たってしまったのなら、自分のできることを考えましょう。

 

イレギュラーに直面しても、柔軟に対応して頑張りましょう。

 

それではまた!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました