【スマホ】
スマホスクエアケースはこのメーカーがおすすめ!安価で高品質!

愛すべきクソ記事
この記事は約4分で読めます。

こんにちは!

スマホのスクエアケース大好き人間、あきらきです!

 

前回こちらの記事で、僕の考えるスマホのスクエアケースの魅力を3つ紹介しました。

ここで十分、スクエアケースの魅力は伝わったかと思われます。

 

なので今回は、そのスクエアケースをおすすめする物理的根拠と、ぼくのオススメのケースを紹介します。

見かけだけじゃなくて、実用的な面もいいことがあるのですよ。

おすすめする物理的根拠について

まずはスクエアケースをおすすめする、物理的根拠についてです。

 

あなたのスマホケースの角は、どんな形になっていますか?

大体の方が、丸角だと思われます。

 

スクエアケースの角は、もちろんのことですが四角になっています。

さらに大体の素材は、シリコンとなっています。

落とした時に衝撃を吸収するわけです。

 

しかし衝撃を吸収するとはいえ、丸角ではスマホの画面が割れてしまったということもあるのではないでしょうか?

 

アン
Aさん

それはまじである。

購入した店舗に一応問い合わせると、返金対象外だといわれた。

 

こんなAさんにような方も少なくはないと思われます。

 

スクエアケースには、ほとんどそんなことはありません。

 

丸角ケースならば、スマホのボディに密着しています。

しかし四角ケースならば、角の部分がスマホのボディから距離があります。

 

なので1番割れやすいと言われている角から落としたとしても、割れる確率は丸角と比べると低くなっています。

 

ただスクエアケースは、シリコンの外枠の中に強化ガラスを入れています。

そこが割れてしまう可能性がありますが、スマホの画面が割れることを考えると全然気にすることではないですね。

オススメのケースについて

さて、そろそろ本題に入ります。

おすすめのスクエアケースです。

 

僕がおすすめするのは下記のものです。

 

case-one

for iPhone X ケース LAPOPNUT  ラグジュアリーマーブル柄 大理石 おしゃれ  薄型 超軽量 ソフトTPUシリコン 耐震  耐衝撃 保護カバー   for iPhone X, ホワイト大理石

 

こちらは前回の記事で紹介したものと同じものとなっております。

結構大理石の黒い部分が印象的ですね。

 

カラーラインナップは、上記の画像の白と黒の2色になっています。

値段は999円です。

めちゃくちゃ安いですね。

仮に自分が気に入らないようなものでも、1,000円ほどなのですぐに諦めることができます。

 

万が一、大理石じゃなくてもいいという方にこちらも用意しました。

 

case-two

EYLE スクエア型 ケース TILE STANDARD COLOR for iPhone XS/X (GREEN)

 

こちらは先ほどと比べると少しお値段が張りますが、背面にガラスコーティングが施されています。

なので背面が鏡のようになっており、とても綺麗に見えます。

 

しかし問題点がありまして、最初の方で行った通りガラスが割れる可能性があります。

派手に音を立てて割れるわけではないですが、ヒビが入ります。

 

これ以外にも多くの種類のスクエアケースがAmazonでは販売されています。

一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?

結論:とりあえずスクエアケースを購入しましょう

2回に分けてスクエアケースのおすすめ点を紹介しました。

知らないことも多かったのではないでしょうか?

 

こちらの記事も良ければご覧ください。

 

それではまた!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました