【人生】
人生を面白くする秘薬「向上心」、幸せな人生は自分で作り出せる

その他
この記事は約12分で読めます。

こんにちは!

 

働きたくない人間、あきらきです!

 

 

突然ですが、あなたは働くのは好きですか?

 

僕は嫌いです。

 

 

まあ大体の方が僕と同意見だと思います。

 

でもそう思いながら多くの方は働いていますね。

 

 

正直に言います。

 

残念ですが、いまのまま働いてばかりだとあなたは確実にしょうもない死に方をします。

 

 

そんな人生、嫌ですよね。

 

なので僕があなたに、しょうもない死に方をしないためにはどうすればいいかを説明します。

 

あなたも仕事とうまい関係を築いて、しょうもなくない死に方をしましょう。

 

 

一度きりの人生なら楽して遊びたいですよね。

この記事を読むことで得られる情報

・日本の労働状況

・日本の昇進に対する意識の問題

・向上心とは

・向上心を持つことのメリット

・向上心の持ち方

・人生が潤う方法

・あなたがしょうもない死に方をしない方法

日本の労働の現状とは

日本人は働きすぎです。

 

今回はデータをもとにして解説していきます。

情報1:全体の労働時間について

「日本人は仕事しすぎです」といっても、みなさんどれぐらい働いてると思いますか?

 

ちなみに日本の企業は1日8時間の勤務が大半です。

 

 

答え合わせとは少し違いますが、下記の順位表を見てください。

 

1位:メキシコ 2,148・8.26

2位:コスタリカ 2,121・8.16

3位:韓国 2,005・7.71

 

22位:日本 1,680・6.46

 

平均 1,734・6.67

 

これは世界の労働時間のランキング(2018)を表しています。

 

左の数値は、1人当たりの平均年間労働合計時間(h)を表しています。

 

右の数値は、土日に全く働かないとした場合の1日の平均労働時間(h)を表しています。

 

 

つまりメキシコは、

 

1人当たりの平均年間労働時間は、2,148時間。

 

1日の平均労働時間は、8.26時間ということですね。

 

 

メキシコは非常に給料が低いので、少しでも長く働いてお金を稼ぐ必要があります。

 

どれぐらい給料が低いかというと、アメリカ人の1/5の賃金と言われています。

 

さらにメキシコは簡単に労働者を解雇することが可能なので、残業等を断りにくくなっています。

 

こう見ると、メキシコからアメリカへの移民労働者が増えるのはわかりますよね。

 

 

それに比べて日本は6.46時間

 

「え!8時間こしてないの!?日本もかわったんだなぁ・・・」

 

そうです。日本は変わりました。

 

 

そんなわけないでしょう。

 

日本は何も変わっていませんよ。

 

(希望をへし折るスタイル)

 

 

この順位の労働者には、パートやバイトなどの全労働者が含まれています。

 

つまりサラリーマンの平均労働時間が10時間であっても、バイトの平均労働時間が3時間であれば、平均労働時間は6.5時間となります。

 

なのでこの労働時間は今回はあまりあてにはなりません。

情報2:1年間の全ての日の平均労働時間について

なので次はこの順位を見てください。

 

1位:日本 約380分

2位:メキシコ 約360分

3位:インド 約320分

 

平均 259分

 

プライドの高い日本人の皆様、お待たせしました。

 

名誉でもなんでもない順位で日本が1位になりました。

 

 

これは15〜64歳男性の平均労働時間(m)の順位です。

 

つまり日本人男性は、1日で平均6.33時間働いていることになります。

情報3:平日の平均労働時間について

「あれ?やっぱり日本は変わったんだ!」

 

だからそんなわけないって言ってるじゃないですか。

 

 

これは休日の働かない日(労働時間0)も含まれています。

 

なのでそれを解消するため、1週間のうちの5日間分の平均を計算します。

 

 

すると1日の労働時間は、8.87時間になります。

 

普通に8時間をこしていますよね。

情報4:日本のひどい労働時間について

皆様知っていますでしょうか?

 

平均というものは、その上と下がいます。

 

 

先ほどのサラリーマンとバイトの平均労働時間も上と下がいましたよね。

 

ということは今回も同じなのです。

 

 

仮に定時で帰ることができるホワイト企業と、残業しまくりのブラック企業が、2:1の割合で存在しているとします。

 

ホワイト企業は8時間で帰れますね。

 

とすると、単純計算でブラック企業の人間は10.61時間労働していることになります。

 

 

もしホワイト企業の労働時間がこれ以上に短いと、ブラック企業の方はもっとはたらいているかもしれません。

 

恐ろしい世界ですね。

 

 

この上記のデータにより、日本人は働きすぎだということがわかります。

労働時間より重大な問題とは

日本人が働きすぎだということはわかりましたね。

 

じつはこれ以上に重大な問題があるのです。

 

 

まずはこの順位を見てください。

 

1位:インド 86.2%

2位:ベトナム 86.1%

3位:フィリピン 82.6%

 

14位:日本 21.4%

 

これは管理職になりたいと感じますか?という質問に対して「Yes!」と答えた人間の割合です。

 

日本は14位ですね。

 

 

「14位ってことは結構上位じゃないの?」

 

安心してください。

 

そんなわけないじゃないですか。

 

このランキングは14カ国を対象に行われました。

 

つまり日本は最下位だということです。

 

 

しかし、「昇進したいですか?」という質問であっても同じ結果がでていたとおもいます。

 

「でも管理職って面倒臭そうじゃん。だからこんなに少ないんじゃないの?」

 

そう思う方もいらっしゃると多います。

 

 

そんな方のためにこの順位を用意しました。

 

1位:タイ 4.7

2位:フィリピン 4.6

3位:インド 4.5

 

14位:日本 2.9

 

これはなんの順位と数値だと思いますか?

 

そうです、会社で出世したい」という質問に5段階評価で回答した平均値とその順位です。

 

 

やはり日本は最下位、平均値は2.9。

 

あまり変わってはいませんね。

 

 

これが発生する理由はなんだと思いますか?

 

 

僕は、向上心がないからであると思います。

 

いつかの真似しかできない熱血教師みたいですね。

 

 

僕が思うに、向上心があればこのような結果は出なかったと思うんです。

 

「ぼくは向上心があります!でも昇進は大丈夫です!」なんて人は多くはないと思いますからね。

 

 

会社の今の給料・業務の質を高めることをせず、現状で満足している・努力しようとしない状態である方が多いです。

 

しかしそんな方々は「金がない」という理解のできないことを言います。

 

 

金がないのではありません。

 

足りないのはその人の仕事への向上心です。

人生が面白くなくなる理由

向上心がなくては、仕事に毎日行っていたとしても意味がないようなものです。

 

朝起きて会社に行って家に帰って寝る、それだけ。

 

それは何をしているんでしょうか?

 

 

多くの方はこれを、

 

「金稼ぐためなんだから仕方がない」

 

というかもしれませんね。

 

 

でも本当に仕方がないことなのでしょうか?

 

こんな1日、ただの作業ですよね。

 

 

ドラクエで永遠にスライム倒してレベル上げようといているだけです。

 

最初は確かにレベルが上がるかもしれませんが、次第に全く上がらなくなりますよね。

 

例に挙げた1日をしている人は、このスライムを永遠に倒しているようなものです。

 

 

正直な話、無駄でしかありませんね。

 

 

少し言葉が悪いかもしれませんが、僕は向上心を失った人間は生きている意味があるのかと思います。

 

「それは言い過ぎでは?」と言われるかもしれませんね。

 

 

ではあなたは永遠にスライムを倒す人を見てどう思いますか?

 

無駄だと思いませんか?

 

それと同じですよ。

 

 

確かにスライムを永遠に倒して、レベルがMAXになって一撃で魔王を倒したというならば素晴らしいです。

 

でも向上心がない方は魔王の城どころか、最初の村から出ようともしません。

 

これでは勇者どころか、名前も当てられないNPCかもしれませんね。

 

そんな人生送りたいですか?

人生を面白くする方法

向上心を持つのは難しいと思っている方、結構いらっしゃいますよね。

 

しかし、向上心などだれでも簡単に持つことができます。

 

 

例えばデータ入力をする場合、だらだらやるのではなく自分の中でタイムアタックを行なって作業のスピードを上げる。

 

 

顧客と電話をする場合、いつもより1トーン声を上げて、過去最高レベルで丁寧に相手をする。

 

 

朝仕事を始める時、「今日はいつもよりも効率的に仕事をこなす」と自分を奮い立たせ、モチベーションを高める。

 

 

こんな誰でもできるような簡単なことでも、向上心を持つことは可能です。

 

さらにこれができるようになれば、また次の向上心を持つことができます。

 

 

少しの変化で、人生を変えることが可能です。

向上心を持つメリットとは

向上心を獲得することで、他にも多くのメリットを得ることが可能です。

 

 

向上心があれば、仕事をこなす際に効率を高め、多くのことをこなすことが可能です。

 

多くのことをこなすことができれば、要領の良い人間・仕事のできる人間だと思われます。

 

こうおもわれると、昇給や昇進の可能性がぐんと高まります。

 

 

昇進や昇給をすれば、その前と同じ額を少ない時間で手に入れることができます。

 

ということは、自分の時間を増やす上にお金も手にすることが可能ということです。

 

 

時間とお金を手に入れるということは、趣味や息抜きや貯金に回すことが可能です。

 

これをすることで、確実に人生が変わります。

 

その詳しい理由はこちらにまとめています。

 

 

こんなわらしべ長者的なものでも、十分幸せになれます。

 

仕事をしつつ、趣味や息抜きもできて貯金さえできる。

 

理想の状態ですね。

人生は上を向いてあるこう

そんな働いてばかりで楽しいですか?もっとみんな楽しなよ。

 

 

1日に自分の時間がない。

 

それは会社のせいでもこの社会のせいでもない。

 

あなたの向上心次第であなたの世界は十分に変えることが可能です。

 

 

この記事を読んだ方に朗報です。

 

ラッキーなことに知名度が低い人間が書いているので、この記事はあなたを含めた少ない方しか見ません。

 

なのでこの記事中に何度も書いていた「向上心を高める」ということができるのは、あなたを含めた少数の方のみです。

 

 

もしこの記事をあなたの会社全体が見ていれば、全員が一緒に一歩を進むため結果的には変わりません。

 

しかし、あなた1人が向上心を持つことにより、あなただけがみんなより1歩前に出るのです。

 

 

この記事を読んだあなたは幸福です。

 

 

あなたの幸福を手助けするものはここにすべて取り揃えておきました。

 

人生を確実に豊かなものへと変えていきましょう。

 

 

それではまた!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました