【クソ記事】
あるチェーンお寿司屋さんでマジで面白いことがあったから聞いて

愛すべきクソ記事
この記事は約3分で読めます。

こんにちは!

お寿司といえば烏賊が大好きな人間、あきらきです!

 

以前あるチェーンお寿司屋さんでお持ち帰りを注文する時、面白すぎることが起こりました。

まずはこちらの写真を見てください。

 

susi

 

わかりますか?

この写真のおかしいところ。

 

アン

な、なんじゃこりゃ〜〜〜!?!?

 

お寿司で1番重要といっても過言ではない、”あれ”がないですよね。

今回はそれについて話していきます。

今回の話の全容

まず何があったかです。

 

これはお持ち帰りのお寿司を注文し、受け取って持って帰ろうとした時に見た情景です。

マグロ、サーモン、イカ・・・

シャ、シャリ!?!?

 

なんとシャリが半数をを占めていたわけですねえ。

いえ、シャリを注文したわけじゃありませんよ?

ハマチを注文していました。

まあハマチ注文しすぎな件は置いておいてください・・・

お店側の対応について

流石にこれは面白すぎましたね。

まあ文句というか、「どうなっているのですか?」と言いにいきました。

あまりこういうことはしないですが、お金を払ったのだから最低限のことはしてほしい。

 

すると店員さんは「すいません・・・・・」と。

「え?なんですか?」

「実は・・・その・・・・・・・・」

「実は?なんですか?」

「ハマチが・・・・・」

「いやハマチがなんですか?」

「今日・・・・その・・・・・・・」

「ハマチが?え?なんですか?」

「・・・・・・入ってなくて・・・・」

 

「What the fuck!?」でしたね。

なんたってこちら側は、事前に電話で注文しているわけですからね。

事前に「はまち28貫で」と言っているわけですから。

 

残念ながら僕は”いい”人ではないので、責任者を呼びました。

バイトの責任であるとはいえ、教育するのはそれより上の人で、大元を辿ればその責任者ですから。

 

責任者(?)はすぐに出てきました。

店長とは名前が違ったので、店長かどうか確認したところ時間帯責任者と。

さらに内容を把握せずに出てきたと。

 

これもまた「What the fuck!?」でした。

せめて話を聞いてから出てきて・・・。

なんでもひょいひょい出てきちゃダメよ・・・。

 

その後は、返金or他のもの入れ替えを選ぶことになりましたが、返金を選択。

そして家に帰ることとなりました。

今回の問題から思うこと

今回のことは、結構面白かったですね。

ネタが乗っていないなんてそのまま持って帰っていたら、どうするつもりだったのでしょうか?

家でお寿司屋さんごっこでもしろと?

その気配りは気づきませんでしたねぇ。

 

こういうときに声を張り上げて怒鳴るのはやめましょうね。

冷静に何があったのか、どう対応されるかを待つしかないです。

怒鳴っても5倍速で早く動くわけじゃありませんから。

 

それとお客様の相手をする方、絶対にモゴモゴして無言にならないでください。

その・・・・なんていっている暇があれば、即刻対応を考えてください。

謝ってほしいのではなく、その後の対応を待っていわけですから時間の無駄ですね。

あと気の短い方なら、怒っちゃうかもしれませんから・・・

 

みなさんお持ち帰りの時は、中身をちゃんと確認しましょうね。

もしかしたら、ネタが乗っていないかもしれませんから。

まあ、「ブログのネタ」は乗っていたかもしれませんがね。

(しょうもない)

 

それではまた!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました