恋人と相合傘ですべきこと【大イベントを成功させましょう】

PPAP
この記事は約3分で読めます。

デートの日が雨な人「恋人とのデートの日が雨で相合い傘になるかもだけど、相合い傘とかしたことないなぁ」

 

今回はこんな疑問に答えます。

☑️ 本記事の内容

  • 恋人と相合傘ですべきこと
  • 大イベントを成功させましょう

この記事を書いている僕は、恋人との相合い傘で多くのことを学びました。

他の記事で自分の実績を公開している人は少ないため、記事の信頼担保になるかと。

恋人と相合傘ですべきこと【大イベントを成功させましょう】

恋人と相合い傘ですべきことって何?

 

恋人との相合い傘ですべきことは、

  • 大きな傘
  • 風と雨の向き
  • 相手の方が濡れていないか

の3点が挙げられます。

人によっては相合傘は一大イベントなので、成功させるよう頑張りまそう。

 

それぞれ解説していきます。

 

 

大きな傘

恋人と相合い傘をするならば、必ず大きな傘を使いましょう。

 

折り畳み傘のような小さい傘は1人を想定して作られているので、雨をしのげません。

しかし大きな傘であれば2人とも雨を凌ぐことができます。

 

デートで雨が予想されるなら、必ず大きめの傘を持ちましょう。

風と雨の向き

恋人と相合い傘をする際、風と雨の向きには特に気をつけましょう。

 

雨の日は風が強くなりやすく、そうなると雨の向きも大きく変わります。

横殴りの雨と表現されることもありますし。

 

なので相手が濡れていないかを確認しつつ、傘の角度や場所を考えましょう。

相手の方が濡れていないか

恋人と相合い傘をすると、どうしても両者が濡れてしまうことがあります。

 

なので自分と相手を比較した時、相手の方が濡れている量が少ないようにしましょう。

気遣いというものですが、多少は仕方ないです。

 

2:1ぐらいの比率がベストです。

恋人と相合傘ですべきことまとめ

恋人との相合い傘って何すればいいの?

こんな悩みはもうなくなったはずです。

 

雨の日のデートは一見残念なようですが、こんなふうに良いところもあります。

いつもとは少し違ったデートは、これで楽しめるに決まっていますよね。

 

今回はここまで。

それではまた!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました