男子大学生がニキビを治すたった3つの方法【間違えれば逆効果】

男子大学生のニキビの治し方ニキビ
この記事は約7分で読めます。

ニキビに悩む男子大学生「ニキビができて治らない…これじゃ清潔感なくてキモいしモテないしどうすればいいんだ!!」

 

今回はこんな疑問に答えます。

☑️ 本記事の内容

  • ニキビの原因
  • 男子大学生がニキビを治す方法
  • ニキビを治した僕が感じたこと

この記事を書いている僕は、大学入学時にニキビがかなりの量あって悩んでいました。

しかし今回紹介する方法でニキビがほぼ全くなくなりました。

シルバーウォッシュジェルを使用した感想

上記の画像は大学入学時と治った後の画像です。

自分の実績を公開している人は少ないので、信頼担保になるかと。

男子大学生のニキビの原因

  • 悪い生活習慣
  • 強い力で洗いすぎ
  • ストレスが溜まっている

男子大学生のニキビが治らない原因は、ほとんどが上記の3つ。

1つでも当てはまるとニキビが治ることはないと言えるでしょう。

 

それぞれ解説します。

悪い生活習慣

男子大学生は生活習慣が悪いと問答無用でニキビができ肌が荒れ、清潔感とは無縁な外見となってしまいます。

 

特に夜更かしによる睡眠不足や昼夜逆転などは、ニキビができやすくなります。

これは肌を作り出す成長ホルモンなどは睡眠中に活発になるため。

 

男子大学生は本来成長ホルモンが多く分泌されるため、生活習慣が悪いと分泌量が足りずに不安定になってニキビができます。

強い力で洗いすぎ

男子大学生に限らず顔の皮膚は敏感なため、強い力で洗ったり何度も洗顔すれば逆にニキビができます。

 

人間の肌は表皮・真皮・脂肪のある皮下組織から構成され、厚さは0.6mm~3mm。

顔の皮膚の厚さはこの中でも薄く、すぐに傷がついてしまいます。

 

強く洗顔をすると肌に傷ができ、そこから雑菌が増殖してニキビができてしまいます。

ストレスが溜まっている

男子大学生はストレスがたまると角質が固まり、雑菌が繁殖してニキビができやすくなります。

 

ストレスを受けるとホルモンバランスがうまくコントロールできず、男性ホルモンの一種であるアンドロゲンが大量に分泌。

このアンドロゲンが出ると皮脂の分泌が促されるため、皮脂過多となりニキビができやすくなってしまいます。

 

ニキビができる原因は上記の3つです。

今ニキビがあって悩んでいる男子大学生の方は、どれかに該当しているはず。

 

ちなみにこれに該当している大学生の方は、今すぐに対策をしないと一生ニキビ顔の可能性があります。

これは皮下組織の修復細胞の働きが衰えることに原因があり、科学的に証明されていることです。

引用:肌の成長と老化のメカニズム
およそ25〜30歳以降、つまり体が成熟期を過ぎると、強靱な線維で真皮の組織を頑丈なものにしてくれるコラーゲンや弾性線維はだんだんと減少していき、肌の弾力も失われていってしまいます。シワも真皮のこうした変化から起こります。(著:慶應義塾大学医学部皮膚科学教室准教授 海老原 全)

「いや治るでしょw」と思っている方は、過去の自分を恨まないと約束しましょうね。

男子大学生がニキビを治す方法

え?!じゃ、じゃあどうやってニキビを治せば良いの!?

  • 正しいスキンケア
  • 生活習慣を正しくする
  • ストレスをできるだけ溜めない

僕が大学生の頃ニキビを治すためにしたことは上記の3つ。

ニキビを治したいならば、解説をしっかり読んで実践してください。

 

それぞれ解説します。

正しいスキンケア

ニキビを治したい男子大学生は、何よりも先に正しいスキンケアを行いましょう。

 

ニキビを治したい大学生にとって基本中の基本ですが、意外とこれをしている人は少ない。

もしくは正しいスキンケアができず、逆効果になっている大学生も。

 

大学生の僕が行ったスキンケアは、オールインワンを使った1ステップ。

試しにこれよりステップが多い場合を試しましたが、この1ステップが最も効果的でした。

 

生活習慣を正しくする

男子大学生は生活習慣を正さなければ、正しいスキンケアを行っても全く意味がありません。

 

具体的には「朝起きて夜寝る」生活。

は?と言われそうですが、朝7時に起きて夜12時に寝る生活ができていない大学生も多くいます。

 

他には寝る1時間前からはブルーライトをみない、4時間前からは何も食べないなど睡眠の質を高めるなど。

とにかく睡眠の質を高め、成長ホルモンを必要量分泌してニキビを治します。

ストレスをできるだけ溜めない

ストレスはニキビに大きく関わるため、うまく発散してできるだけ溜めないようにしましょう。

 

ストレス発散の方法は人によって違いがありますが、僕は本を読んでいました。

毎日寝る前に本を少しでも良いから読む。

 

これだけでストレスは発散されて質の良い睡眠もでき、本によっては自分に自信がつく。

大学生がストレスを発散する手段の一つとしておすすめです。

ニキビを治した大学生の僕が感じたこと

ニキビを治すにはやっぱりお金がかかるのか…安くもないし、お金を出す価値は本当にあるのかな?

  • モテる
  • 自信を持てる
  • 第一印象が良くなる

ニキビを治して僕が強く感じたことは上記の3つ。

「出費がきついんだよね…」と購入を迷うことはなくなる。

モテる

男子大学生の半分以上は思っていませんが、肌が綺麗になるだけで本当にモテる。

 

これは女性が自分に持つ第一印象が、

  • 清潔感のある人
  • 肌がきれいな人

という印象になるため。

 

モテたい大学生は肌を綺麗にすべき。

自信を持てる

肌が綺麗になると明らかに見かけが変わって清潔感が追加されるため、鏡を見るために自分に自信を持てます。

 

ある研究機関で、ニキビの有無を調べて「自分に自信があるか」という検証がありました。

その結果ニキビだらけの人はわずか12%の大学生、ニキビがない人はなんと62%の大学生が自信があると回答しました。

 

つまりニキビがない方が自分に自信があるということです。

実際僕もニキビがなくなってからは自信が持てました。

第一印象が良くなる

肌が綺麗になるだけで第一印象が良くなり、大学生にとって恐怖である就活や面接などでも有利になります。

男子大学生がニキビを治す方法

仮にあなたが人を雇う場合、上記の画像の右と左のどちらの方を選びますか?

ほとんどの人は右を選びます。

 

これはニキビの有無だけですが、それだけで収入が変化したり仕事が変わったり。

それだけの影響力があるので、大学生は即座にニキビを治しましょう。

男子大学生がニキビを治す方法まとめ

「男子大学生だけどニキビが治らない…」

そんな悩みはもう無くなったことでしょう。

 

ニキビは今すぐ治さなければ、一生ニキビを背負うことに。

しかし対策をすれば、大学生のうちにニキビを治して多くのメリットがあります。

 

ちなみにここまで読んで行動する人は、100人いて2人ほど。

みんな「金かかるなあ」「面倒くさい」「治らなかったら嫌だし」といって行動しません。

 

しかし行動した2人は、ほぼ確実にニキビを綺麗に治す。

なぜなら実際に大学生の僕がニキビを治した方法だから。

 

ニキビを治したいなら行動しましょう。

それとも一生そのニキビの相棒と過ごしますか?

 

応援しています。

それではまた!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました