大学生が学ぶべきプログラミング言語5選【稼ぐならこれを学ぼう】

大学生が学ぶべきプログラミング言語プログラミング
この記事は約14分で読めます。

プログラミングを学びたい大学生「プログラミングを学びたいけれどどの言語が良いのだろう…できれば将来性があってある程度簡単で稼げるプログラミング言語を知りたいな」

 

今回はこんな疑問に答えます。

☑️ 本記事の内容

  • 学ぶべきプログラミング言語
  • 大学生がプログラミングを学ぶ理由
  • 大学生向けプログラミングスクール

この記事を書いている僕は、現在会社に勤めなくても月に400万円ほどプログラミングで稼いでいます。

他の記事で自分の実績を公開している人は少ないため、記事の信頼担保になるかと。

学ぶべきプログラミング言語

  1. Python
  2. Java
  3. PHP
  4. Javascript
  5. Ruby

大学生が学ぶべきプログラミングは上記の3つ。

それぞれ有名なプログラミング言語で、将来性もあり学んでおいて損はないものです。

 

それぞれ解説します。

Python

Pythonは主にInstagramなどのWebアプリケーションの開発に使われ、AIや人工知能などの機械学習にも使われるため需要が高まっている言語です。

 

Webアプリやゲーム・人工知能など、多岐に渡る開発ができるオールラウンダー的なプログラミング言語で近年爆発的人気。

海外では何年か前から一般的でしたが日本にはまだ普及していないため、今Pythonを学んでいれば将来的にプログラミングで稼ぐことがかなり現実的になるでしょう。

 

他にもPythonには、

  • 需要が高い
  • 汎用性が高い
  • コードが完結でわかりやすい

などの特徴があります。

 

Pythonはこれから急成長する人工知能や機械学習の分野で需要が高いプログラミング言語なので、必然的にPythonができる人材の市場価値が高い。

しかし日本ではPythonができる日本人の数も少ないため、大学生の間にある程度習得しておけば将来非常に希少価値の高いエンジニアになることができます。

 

Java

JavaはWindowsやMacOS・Linuxなど様々なブラウザやデバイスでの開発を行うことができる、非常に汎用性が高いプログラミング言語です。

 

Javaは今後急成長する「IoT(情報交換による制御技術)」の分野で注目され、将来的にも需要が高いプログラミング言語。

さらに昔から人気のある言語であるため、他のプログラミング言語と比べても使われている頻度が高くシェア率が非常に高いです。

 

他にもJavaには、

  • 汎用性が高い
  • 注目分野IoTで用いられる
  • 求人数が非常に多く高単価

などの特徴があります。

大学生向けプログラミング言語のJavaについて

上記の画像はクラウドソーシングサービスで出稿されているJava関連の仕事。

みてわかるように、かなり高単価で報酬が設定されています。

 

JavaはGoogleの行った「人気プログラミング言語ランキング」でも上位を維持しているため、これから先も普及し続ける言語だといえます。

 

 

PHP

PHPはPython同様Webアプリケーションの開発に用いられ、SNSやブログシステム・ショッピングサイトの開発が可能な言語です。

 

世界の約3割のWebサイトは、WordPressと呼ばれるPHPで作られたソフトウェアによって構築。

つまりPHPを習得することで、非常に市場規模の大きいWordPressの仕事をできることが可能になります。

 

他にもPHPには、

  • 習得難易度は低い
  • 言語自体の市場規模が大きい

などの特徴があります。

 

PHPは比較的習得が簡単で、同じWebアプリケーションの開発言語であるHTMLやCSSを同時に学ぶことでWebサイトの構築ができるように。

HTML・CSS・PHPのスキルを身につければWeb制作の案件を個人で受注することができるので、フリーランスを目指す大学生にはおすすめです。

 

 

Javascript

JavaScriptもWebアプリケーションの開発に用いられ、Webサイトに動きやアニメーションなどを実装することができる言語です。

 

JavaScriptはWeb業界において不可欠で多くのサービスやシステムに用いられ、有名なWebサービスには100%使われている言語。

PythonやPHPを扱うには動作させるための環境構築が必要ですが、JavaScriptの場合はコードを書くソフトとブラウザさえあれば動作させることが可能なため学習が簡単にできます。

 

他にもJavascriptには、

  • 需要の高い
  • Web業界で必須の言語
  • プログラミング初心者が学びやすい

などの特徴があります。

 

需要が高く将来性があるため、企業に勤めていてスキルがあれば年収1000万円も十分に狙える。

すぐに学習することができ目に見える部分を開発することができるという理由から、プログラミング初心者にもオススメの言語です。

 

Ruby

RubyもWebアプリケーションの開発に用いられ、比較的新しく開発された言語のため簡単で学びやすい言語です。

 

他のプログラミング言語とは違って日本人が作ったこともあり、日本のスタートアップ企業で非常に人気の言語で初心者の方にかなりおすすめ。

プログラミングといえば無数の文字がぐちゃぐちゃに並べられているイメージがありますが、Rubyは非常にシンプルな書き方でコードが他の言語の50%で済むこともあります。

 

他にもRubyには、

  • シンプルな記述法で初心者向け
  • 日本語の情報が多く解決策がすぐに見つかる

などの特徴があります。

 

Rubyはスタートアップやベンチャー企業で用いられていることが多く、エンジニアもやりつつビジネスにも焦点を当てたい大学生にぴったり。

また手頃にWebサービスが開発できるため、将来的にサービス開発で起業を目標としている方は必ず学んでおきましょう。

 

 

実は現在プログラミング言語は、200種類以上もあります。

人によって向き不向きはありますが、プログラミングを学ぶ際は上記の5つを優先的に検討してみてください。

大学生がプログラミングを学ぶ理由

そもそもプログラミングって、なぜ学ぶべきなんだろう?

スクールとかもあんまり安くないし、それだけの価値が本当にあるのかな?

  • 稼げる
  • 就活が楽になる
  • なんなら会社に勤めなくても良い

ぼくがプログラミングを学んでから感じたことは、上記の3つ。

プログラミングに興味はあるけれど学ばないって人は結構多いけど、かなりメリットがあるから絶対学んでおくべきです。

 

それぞれ解説します。

稼げる

大学生のうちにプログラミングを学んでいれば、確実に稼げて同年代の人の倍額の年収を得ることもできます。

 

現在プログラミングの需要は二次曲線上に高くなっていますが、逆にプログラマーの数は減少傾向。

つまり「プログラマー1人1人の需要が高まっている」ということです。

 

ダイヤモンド鉱石の価格が高いのは、質が良い上に希少性が高いから。

同じようにプログラマーは希少性が高くなっているため、仕事1つでもかなりの報酬を得ることができます。

 

大学生のうちにバイトよりも稼ぎたかったり、20代のうちに年収1,000万円を稼ぎたいならばプログラミング学習は必須と言えます。

就活が楽になる

大学生のうちにプログラミングを学んでいると、他の就活生とは差別化ができて就活が楽に済みます。

 

これも先ほど紹介した、プログラマーの希少性が高くなっているため。

特に最近はAIや人工知能などの機械学習・IoT(情報交換による制御技術)などをとりいれる企業が増えているため、プログラミングができればより就活が楽になります。

 

プログラミングを学習している大学生はまだ数%にとどまっているため、集団面接であったとしても全員を自分に注目させることができます。

なんなら会社に勤めなくても良い

そもそも大学生のうちにプログラミングを学んでいると、フリーランスやノマドになっても稼ぐことができるので会社に勤めなくても良いようになります。

 

プログラミングはパソコンが1つあれば基本的な仕事は可能。

なので何年か前までは会社に行って会社の資料を使いつつ業務をこなすのが常識でしたが、パソコン1台のみで仕事を完結させるフリーランスが新しい働き方になりつつあります。

 

会社に勤めずに同世代の何倍も稼ぐのはかなり魅了的ですよね。

今まではそれは理想で終了していましたが、大学生のうちにプログラミングを学習すると実現することができるのです。

 

実際僕は大学生の頃にプログラミングを勉強して、就活もあまりしませんでした。

なので今では会社に勤めなくても月に400万円ほど稼いでいます。

 

ちなみにフリーランスなどになろうとすると止めてくる人がいますが、あの人たちの9割はただの老害。

自由になるあなたが羨ましくて止めているだけなので、気にせずフリーランスになってがっぽり稼ぎましょう。

大学生向けプログラミングスクール

確かに大学生のうちにプログラミングは学んでおいた方が良いなあ

でも大学生が安心してプログラミングを学べるスクールって、どこがあるのだろう?

  1. TechAcademy
  2. GEEKJOB
  3. CodeCamp

大学生でも安心してプログラミングを学べるスクールは上記の3つ。

僕が体験して良いと思ったものを選んでいるので、プログラミングスクールを検討する際はまず最初に考えてみてください。

 

それぞれ解説します。

TechAcademy

TechAcademyは「プログラミングスクールといえばこれ!」というほど有名で、正直プログラミングを学ぶならこのスクール一択といった感じです。

 

最も大きな特徴は、安価で最短4週間で未経験からプロを育てるオンライン完結のスクールだということ。

どこかに通う必要なく、自宅でもプログラミングやアプリ開発を学ぶことができます。

 

そしてTechAcademyのプログラミングスクールは、質が良いのに価格が安い。

PythonスクールTechAcademyの料金

一見高いように見えますが、プログラミングスクールで¥99,000というのはほとんどありません。

お金のない大学生にとって、かなり助かる価格設定です。

 

他にもTechAcademyには、

  • 現役エンジニアが教えてくれる
  • 対応言語が多いため誰でも学べる
  • チャットで質問してすぐ答えを知れる

などの特徴があります。

 

プログラミングを学びたいという人は、TechAcademyを選ぶべきです。

ちなみに現在は無料体験会も行っているため、とりあえず1度参加してみましょう。

 

緑のボタンをタップ!

⬇︎⬇︎⬇︎

 

※無料体験会のみならお金は一切かかりません
※無料体験会はいつ終わるのかわからないのでお早めに

GEEKJOB

GEEKJOBは無料であるにもかかわらず完璧な生徒の対応と指導方法でプログラミングを学べる、大学生にとって救世主のようなスクールです。

 

最も大きな特徴は、無料のプログラミング学習スクール&就職支援サービスだということ。

まさかのプログラミングを無料で学べる上に、そのまま就職先も見つけてくれます。

 

GEEKJOBがプログラミングスクールを無料で運営できるのは、就職支援で就職した企業から成功報酬をもらっているから。

どんな理由にせよ、稼げるプログラミングを無料で学べるのはかなり助かりますね。

 

他にもGEEKJOBには、

  • 受講者満足度97.3%
  • 徹底した採用者目線での就職支援
  • オンライン学習でいつでも勉強可能

などの特徴があります。

 

ただスクール終了後に他の就職先へ行ったり就職しないと違約金12万円を取られるため、その点を考慮して2位にランクインです。

しかし授業の質はよく12万円でもプログラミングスクールの中では比較的安いため、十分に受講する価値はあります。

 

こちらも無料体験会を実施しているため、一度参加することをおすすめします。

 

緑のボタンをタップ!

⬇︎⬇︎⬇︎

 

※無料体験会のみならお金は一切かかりません

※無料体験会はいつ終わるのかわからないのでお早めに

CodeCamp

CodeCampはオンライン・マンツーマン指導のプログラミングスクールとしてNo.1の実績を持ち、実践的なプログラミングを学べるスクールです。

 

最も大きな特徴は、現役のエンジニアにより未経験から確実に習得するために開発されたオリジナルカリキュラム。

プログラミングを初心者から学ぶのは難しいといわれがちですが、CodeCampのカリキュラムはプログラミング初心者でも理解して学べる理想的な学習環境ができます。

 

さらにオンラインで365日の7時〜24時まで時間と場所を選ばずに学習できるため、日中は時間がとれなかったり深夜しか自分の時間がないという人でも学習ができます。

 

他にもCodeCampには、

  • 4ヶ月で実践的知識をつける
  • エンジニアを目指す方を応援
  • 転職やキャリアについての相談可能

などの特徴があります。

 

ただスクールが4ヶ月で30万円するため、これは大学生向けではないと感じ3位にランクインです。

しかし授業の質はよくプログラミング初心者にわかりやすく教えてくれるため、十分に受講する価値はあります。

 

こちらも無料体験会を実施しているため、一度参加することをおすすめします。

 

緑のボタンをタップ!

⬇︎⬇︎⬇︎

 

※無料体験会のみならお金は一切かかりません

※無料体験会はいつ終わるのかわからないのでお早めに

 

これまでプログラミングスクールのおすすめを紹介しましたが、人には向き不向きがどうしてもあります。

なのでこの機会に今回紹介したプログラミングスクール3つの無料体験会に参加し、自分にあったプログラミングスクールを見つけましょう。

 

大学生が学ぶべきプログラミング言語まとめ

「大学生のうちにプログラミングを学びたいけれど、どの言語を学べば良いのかわからない」

そんな悩みはもうなくなったことでしょう。

 

大学生のうちにプログラミングを学んでいれば、企業に依存した働き方をしなくて良いように。

リストラや倒産に怯えることはなくなります。

 

稼いで自由に生きたいなら学ぶべき、そうでないのならば学ばなくても良いといった感じです。

実際僕はプログラミングを学んで稼ぎつつ自由に生きており、これは正直誰でもできます。

 

少しでも自由に生きたいと感じているのならば、とりあえずでもプログラミングの無料体験会などに参加しましょう。

プログラミングのみではなく、稼ぎつつ自由に生きる方法などを知って現実味を増すことができます。

 

ちなみにここまで読んで行動しない人は、成功しません。

なぜなら「でも…」「だって…」などの自分の参加したくない気持ちを正当化しているから。

 

一生会社に勤めて、貯金もできず自分に好きなこともできず上司に怒られる毎日。

まあそっちが良いなら行動しなくても良いと僕は思います。

 

ただ行動した人は成功して自由を手にするでしょう。

おうえんしています。

それではまた!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました