勉強中にスマホ触ってしまう対処法【捨てればいいんじゃない?】

勉強中にスマホを触ってしまうPPAP
この記事は約3分で読めます。

勉強中にスマホ触ってしまう大学生「勉強中にスマホを触ってしまって集中できない…でも無意識にスマホでSNS開いてるし、どうすればいいんだろう?」

 

今回はこんな疑問に答えます。

☑️ 本記事の内容

  • 勉強中にスマホを触ってしまう対処法
  • 捨てればいいんじゃない?

この記事を書いている僕は、勉強中でもスマホを触ってしまっていましたがある方法を取ることでスマホを触らなくなるように。

他の記事で自分の実績を公開している人は少ないため、記事の信頼担保になるかと。

勉強中にスマホを触ってしまう対処法

勉強中にスマホを触ってしまう対処法なんてあるの?

勉強中にスマホを触ってしまう対処法は、

  • 電源OFF
  • 機内モード
  • 使用時間制限

の3つが挙げられます。

比較的誰でも簡単にできる方法なので、あなたにあった方法を見つけてみてください。

 

それぞれ解説していきましょう。

 

 

電源OFF

勉強中にスマホを触ってしまう癖を解消する代表的なものは、電源OFFが挙げられます。

 

電源を一度切ると再起動までに時間がかかり、無意識にスマホを触ってしまうことが減ります。

勉強中にスマホが必要な人は少ないはずなので、電源を切っていてもさほど大きな問題はありません。

 

なので勉強中にスマホを無意識に触ってしまう人は、スマホの電源をOFFにしましょう。

機内モード

たまに勉強でスマホで撮った写真やメモが必要なときに便利なのが、機内モードです。

 

機内モードを使用しているとデータ通信を止めるため、SNS等は使えなくなりスマホ内データだけを見ることができます。

勉強中に通知がいて手を止めるなんてことはなくなるので、意外と便利な機能です。

 

友達のノートの写真等が勉強中に必要な人は、スマホを機内モードにして勉強しましょう。

使用時間制限

iPhoneにはアプリごとに使用できる時間を設定することができます。

 

なので勉強する時間にSNS等の使用制限を設定していると、無意識にSNSを開いたり通知を見ることはなくなります。

逆にそれ以外のアプリは全て使えるため、メリハリをつける方法としてかなり有効です。

 

SNSをどうしても無意識に開いてしまうと言う人は、使用時間制限を使用することをおすすめします。

 

勉強中にスマホを触ってしまう人は、まずはこの3つの方法を試しましょう。

勉強中にスマホ触ってしまう対処法まとめ

「勉強中にスマホ触ってしまう」

そんな悩みはもうなくなったはずです。

 

勉強中にスマホ触ってしまう人は、今回紹介した3つの方法を試してみてください。

実際に僕がスマホを触ってしまう癖を解消した方法なので、再現性は高いと思われます。

 

今回はここまで。

それではまた!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました