大学生が寝る前にする勉強【直前にすること1つで記憶力が変わる】

PPAP
この記事は約3分で読めます。

寝る前に勉強している人「寝ている時も勉強できたらいいのになぁ」

 

今回はこんな疑問に答えます。

☑️ 本記事の内容

  • 大学生が寝る前にする勉強
  • 直前にすること1つで記憶力が変わる

この記事を書いている僕は、寝る直前に多くの方法で勉強しました。

他の記事で自分の実績を公開している人は少ないため、記事の信頼担保になるかと。

大学生が寝る前にする勉強【直前にすること1つで記憶力が変わる】

大学生が寝る前にする勉強って何?

 

大学生が寝る前にする勉強としては、

  • 教科書を読む
  • 重要箇所の記憶
  • 細かい部分の暗記

の3つが挙げられます。

これは僕が実際に行って翌日に効果があった方法なので、寝ている間も勉強したい人は参考までに。

 

それぞれ解説していきます。

 

 

教科書を読む

大学生は寝る前に教科書を読みましょう。

 

可能であれば英語や社会などの暗記科目が理想です。

寝る前にこれらの教科書を読んでおくと、寝ている間に脳が勝手に処理して覚えてくれます。

 

なので翌日には読んだ教科書の内容が1部ですが覚えていられます。

重要箇所の記憶

大学生は寝る前に重要箇所の記憶を行いましょう。

 

「頻出単語」等が挙げられます。

先程の教科書を見るという行為は意味はあるのですが、無駄な知識すらも入ってしまいます。

 

なのでテスト直前等は重要箇所の記憶を行いましょう。

細かい部分の暗記

大学生は寝る前に細かい部分の暗記を行いましょう。

 

これは先程の続きになるのですが、重要箇所の補填です。

重要箇所に関係する事象やその関係性などが挙げられます。

 

ここまですると一層テストで思い出しやすくなるので、時間があればここまでしましょう。

大学生が寝る前にする勉強まとめ

大学生が寝る前にする勉強って何?

こんな悩みはもうなくなったはずです。

 

大学生は寝る前にインプット系の勉強を行いましょう。

最初に解説したように、脳は寝ている間に記憶を処理して覚えやすくしてくれます。

 

逆に朝はアウトプットが最適なので、数学系の勉強をしたり単語を書き出したりしましょう。

今回はここまでです。

それではまた。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました