勉強で過去問解くべき?【効率よく勉強するなら必須の方法です】

PPAP
この記事は約3分で読めます。

勉強方法に悩む人「勉強を効率よく進めたいけど、どうすればいいんだろ?」

 

今回はこんな疑問に答えます。

☑️ 本記事の内容

  • 勉強で過去問解くべき?
  • 効率よく勉強するなら必須の方法です

この記事を書いている僕は、勉強の際過去問をかなりの数ときました。

他の記事で自分の実績を公開している人は少ないため、記事の信頼担保になるかと。

勉強で過去問解くべき?【効率よく勉強するなら必須の方法です】

勉強では過去問を解くべきなの?

 

勉強で過去問を解くと、

  • 早く進む
  • 答えをすぐ見れる
  • テストの経験が積まれる

の3つのことがあります。

意外とテスト勉強で過去問を解いてる人は少ないので、次回から解くようにしましょ。

 

それでは解説していきます。

 

 

早く進む

テスト勉強で過去問をとくべき理由は、早く進むからです。

 

テスト勉強は長くやったらえらいみたいな風潮がありますが、あれは完全に嘘です。

しかも過去問をとくと、余計な部分を学習せずすぐに勉強が終わります。

 

なので勉強時間を圧縮し密度を上げ、最短で勉強を終了させましょう。

答えをすぐ見れる

テスト勉強で過去問を解くべき理由は、答えをすぐ見れるからです。

 

例えば数学であれば1つの大問に複数の問題があると思います。

ここで答えが別にあればいちいち探したりする必要があり答え合わせの時にはどうやって計算したかを忘れています。

 

過去問は答えが比較的すぐ見れるので、1問ずつ確認して計算途中の間違いも修正できます。

テストの経験が積まれる

テスト勉強で過去問を解くべき理由は、テストの経験が積まれるからです。

 

テストはどうしても勉強がおいつかず、知識が足りないところがあります。

しかし過去問を解くと、実際のテストと同じような構造なので自分の勉強抜けに気づけます。

 

勉強が終了したあとに、実際に何点くらい取れるかを知るために解くこともあります。

勉強で過去問解くべき?まとめ

勉強で過去問は解くべきなの?

こんな悩みはもう無くなったはずです。

 

テスト勉強で過去問を解いていないのは、かなりもったいないです。

とくに受験のかたや大学生のかたは、比較的過去問を入手しやすい環境にあると思います。

 

なので次回のテストでは過去問を最大限活用して、良い点数をとりましょう。

良い点が取れると、嬉しいですからね。

 

今回はここまでです。

それではまた!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました