勉強は深夜にすべき?【時間を変えるだけで、効率は倍近くになる】

PPAP
この記事は約3分で読めます。

勉強をする人「深夜じゃないと勉強に集中できないんだけど、実際どうなんだろう?」

 

今回はこんな疑問に答えます。

☑️ 本記事の内容

  • 勉強は深夜にすべき?
  • 時間を変えるだけで、効率は倍近くになる

この記事を書いている僕は、勉強を深夜にしていました。

他の記事で自分の実績を公開している人は少ないため、記事の信頼担保になるかと。

勉強は深夜にすべき?【時間を変えるだけで、効率は倍近くになる】

勉強を深夜にするのってどうなの?

 

勉強を深夜にすると、

  • はかどる
  • 眠気がくる
  • 間に合わない可能性がある

の3つのことが起こります。

勉強を深夜にするのはメリットもありますがデメリットも大きいので、それを知ってからするようにしましょう。

 

それでは解説していきます。

 

 

はかどる

勉強を深夜にすると、はかとります。

 

これは深夜になると他の勉強のノイズがなくなり、集中できるようになるためです。

よって手がかなり早く動くようになります。

 

深夜の方が頭もさえますからね。

眠気がくる

勉強を深夜にすると、眠気が来ます。

 

それ以前には深夜には睡眠をとっていたので、当然眠気が来てしまいます。

なのでこれで集中力がさがることもあります。

 

頭に知識が入りにくくもなってしまいます。

間に合わない可能性がある

勉強を深夜にすると、間に合わない可能性があります。

 

例えばテストの前夜に勉強開始すると、勉強できる時間は少ないです。

なのでテストに間に合わず、中途半端な状態でテストを受けることになります。そのまま寝不足で風

 

邪をひいてしまうなんてのも、よくあることです。

勉強は深夜にすべきかまとめ

勉強って深夜にするのはどうなの?

こんな悩みはもう無くなったはずです。

 

今回読んでわかったと思いますが、勉強を深夜にするのはやめましょう。

効率が悪い上に集中できず頭に入らず、ただ睡眠時間を削っただけになってしまいます。

 

なので勉強は無理やりにでも良いので、日中に行うようにしましょう。

これだけでも効率は、全然違いますからね。

 

今回はここまでです。

それではまた!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました