勉強のノートの取り方【コーネル式の取り方で美しいノートの出来上がり】

PPAP
この記事は約2分で読めます。

ノートのとり方に迷っている人「勉強する時にノートがみにくいんだけど、どうすればいいんだろ?」

 

今回はこんな疑問に答えます。

☑️ 本記事の内容

  • ニキビの原因は食べ物にあるのか

この記事を書いている僕は、。

他の記事で自分の実績を公開している人は少ないため、記事の信頼担保になるかと。

勉強のノートの取り方【コーネル式の取り方で美しいノートの出来上がり】

勉強のノートはどうやってとればいいの?

 

勉強のノートは、

  • 縦線を引く
  • 普通にノートをとる
  • 重要な単語は線の右側に

の3ステップで完成します。

このノートのとりかたはかなり綺麗にかける上に知りたいことをすぐにしれます。

 

それぞれ解説していきます。

 

縦線を引く

勉強のノートは、まず縦線を引きましょう。

 

引く場所としては、ノートの右から8マス目くらいに真っ直ぐ引きます。

これによりノートが強制的にですが2分割され、1ページに2つの情報を分けることができるようになりました。

 

真下に引けるのが意外と難しいので、できれば理想ですね。

普通にノートをとる

勉強のノートを作るには、次に普通にノートをとります。

 

授業であったり人から聞いた話であったりだとか、いろいろなことが挙げられます。

この際ノートは左側に取るようにしましょう。

 

まあ実際右側に書こうとしても狭すぎて、改行ばかりのみにくいノートになってしまうんですけどね。

重要な単語は線の右側に

勉強のノートを作るには、最後に右側に重要な単語を書いていきます。

 

先生によると思うんですが、「ここ重要」というようなことを言ってくれる人がいますよね。

そういう単語をこの右側に書きます。

 

これで重要な単語を分けて書くことで、のちのち見返した時に一目で必要な単語が分かります。

勉強のノートの取り方まとめ

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました