勉強中のペン何使ってる?【ボールペンを使うだけで効率が上がる】

PPAP
この記事は約3分で読めます。

勉強のペンに悩む人「勉強中のペンって、何を選べばいいんだろう?」

 

今回はこんな疑問に答えます。

☑️ 本記事の内容

  • 勉強中のペン何使ってる?
  • ボールペンを使うだけで効率が上がる

この記事を書いている僕は、勉強中にボールペンを使用しています。

他の記事で自分の実績を公開している人は少ないため、記事の信頼担保になるかと。

勉強中のペン何使ってる?【ボールペンを使うだけで効率が上がる】

勉強中のペンって何がいいの?

 

人によると思うけど、僕はボールペンを使っています。

その理由としては、

  • 書きやすい
  • 気が引き締まる
  • 折れる太くなるなどがない

の3点が挙げられます。

これらは僕が勉強中にボールペンを使って気づいたことでもあるので、参考程度にご覧下さい。

 

それぞれ解説していきます。

 

 

書きやすい

ボールペンを使って勉強すると、かなり書きやすいです。

 

シャープペン等を使っていると芯と紙の摩擦が生まれてしまいます。

しかしボールペンであれば摩擦はほぼなく、スイスイっとかけてしまいます。

 

その感覚は楽しいに近いと言えます。

気が引き締まる

ボールペンを使っていると、気が引き締まります。

 

ボールペンは修正がきかないので、どうにか間違えないようにと考えます。

ノートの写しや文章を書いている時は特にです。

 

それによって集中力も増して、確実に暗記効率が上がります。

折れる太くなるなどがない

ボールペンには折れる太くなるといったことはありません。

 

小中学校の時、鉛筆やシャープペンを使っていてこれがかなりストレスでした。

しかしボールペンは落としても折れず太さは常に一定。

 

たまに芯替えが必要ですが、他に比べると気になりません。

勉強中のペンまとめ

勉強中のペンって何がいいんだろ?

こんな悩みはもうなくなったはずです。

 

実際僕の周りの人は、半分以上はボールペンを使っています。

残りはiPadですが。まあ人によって合う合わないがあるので、1度ボールペンでの勉強も試してみましょ。

 

今回はここまで。

それではまた!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました