動画を撮りながら勉強する意味ってなに?【めっちゃ集中できる】

勉強中に動画を撮る意味PPAP
この記事は約3分で読めます。

勉強に集中できない人「勉強に集中できなぁぁぁぁい!!!
そういえば友達が「動画撮りながら勉強するといいよ」っていってたけど、なんで動画撮りながら勉強したらいいんだろ?」

 

今回はこんな疑問に答えます。

☑️ 本記事の内容

  • 動画を撮りながら勉強する意味
  • 集中力がめちゃくちゃ高まります

この記事を書いている僕は、勉強に集中できずにすぐやめてしまうことに悩んでいました。

しかし友達に聞いた「動画を撮りながら勉強する方法」で集中して勉強することに成功。

 

この記事はそのときの経験と知識を元に解説します。

他の記事で自分の実績を公開している人は少ないため、記事の信頼担保になるかと。

動画を撮りながら勉強する意味

動画を撮りながら勉強する意味って何なの?

 

動画を撮りながら勉強する意味としては、

  • 集中できる
  • サボれない
  • モチベが上がる

の3つがあげられます。

どれも僕が実際に動画を撮りながら勉強して感じたことなので、信頼性はかなり高いかと思います。

 

それぞれ解説していきましょう。

 

 

集中できる

勉強中の動画を撮ると、勉強に集中できる可能性がかなり高まります。

 

勉強中の手元を撮っていると、「常に誰かに見られている」の感覚になります。

周りの不特定多数の人の目線はやはり効果があるので、集中してやらないとと言う意識が強くなります。

 

なので勉強中に動画を撮ると集中できます。

サボれない

勉強中に動画を撮っていると、サボることができなくなります。

 

これは先ほどの不特定多数の目も関係ありますが、そもそも撮影しているスマホをさわれないからです。

勉強中にサボってしまう原因としては、スマホが大きな影響かと思います。

 

なので勉強中に動画を撮ることで、スマホを触らずサボらないようになります。

モチベが上がる

勉強中に動画を撮っていると、勉強に対してのモチベが上がります。

 

YoutubeやInstagramに勉強中の手元を撮った動画を上げている人がいますよね

あれは再生回数のためもありますが、自己満足という理由もあります。

 

勉強中に動画を撮っていると、どんどん勉強データが溜まります。

これによりモチベが供給されて高まるのです。

動画を撮りながら勉強する意味まとめ

「動画を撮りながら勉強する意味ってなに?」

そんな悩みはもう無くなったはずです。

 

動画を撮りながら勉強すると、集中力がかなり高まります。

これは体験した人にしか分からないので、1度動画を撮りながら勉強することをおすすめします。

 

今回はここまで。

それではまた!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました