勉強中に休憩してる? 【たまに休まないと効率がガタ落ちです】

PPAP
この記事は約3分で読めます。

勉強頑張っている人「勉強の休憩ってやっぱやらないほうがいいのかな?」

 

今回はこんな疑問に答えます。

☑️ 本記事の内容

  • 勉強中に休憩してる?
  • たまに休まないと効率がガタ落ちです

この記事を書いている僕は、勉強中の休憩を極めました。

他の記事で自分の実績を公開している人は少ないため、記事の信頼担保になるかと。

勉強中に休憩してる?【たまに休まないと効率がガタ落ちです】

勉強中に休憩はすべきなの?

 

勉強中にはだいたい1時間に2-3分の休憩を取ると良いです。

その理由として、

  • 頭が休める
  • 休憩のために頑張れる
  • SNS等の通知を気にしなくて良い

の3つが挙げられます。

これらは僕が実際に行って得たことなので、参考にしてみてください。

 

それぞれ解説していきます。

 

 

頭が休める

勉強中に休憩すると体が休まりますが、同時に頭も休まります。

 

これは精神面での話ですが、頭が休めないと勉強効率がかなり下がります。

運動と同じで、ずっと動き続けるのではなく休憩がどうしても必要になります。

 

なので勉強には休憩を挟みましょう。

休憩のために頑張れる

1時間に2-3分の休憩時間を設けると、モチベーションを維持することができます。

 

勉強中に休憩をしていないと、どうしてもモチベーションが下がります。

逆に休憩があるとその休みのために頑張ろうという気持ちになります。

 

それによって頑張ることができます。

SNS等の通知を気にしなくて良い

勉強に集中できない理由の1つとして挙げられやすい、SNS等の通知。

 

これを1時間に1度しか見ないと決めて勉強すると、それ以外の時間に気にしなくて良くなり勉強に集中できます。

逆に決めていないと、どうしても気になってしまい集中力が削がれます。

 

なので休憩時間をとってその間に見ることにしましょう。

勉強中の休憩まとめ

勉強中の休憩ってどうすればいいんだろ?

こんな悩みはもうなくなったはずです。

 

少しの休憩時間をとったほうが勉強の効率はバク上がりします。

なので勉強中には、1時間に2-3分ほどの休憩時間を設けましょう。

 

今回はここまで。

それではまた!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました