勉強中の体勢気にしてる?【姿勢ひとつで効率がバク上がりします】

PPAP
この記事は約3分で読めます。

勉強したい人「勉強してるんだけど、なんか頭に入らないんだよなぁ。」

 

今回はこんな疑問に答えます。

☑️ 本記事の内容

  • 勉強中の体勢気にしてる?
  • 姿勢ひとつで効率がバク上がりします

この記事を書いている僕は、勉強中の姿勢に気づいて変えました。

他の記事で自分の実績を公開している人は少ないため、記事の信頼担保になるかと。

勉強中の体勢気にしてる?【姿勢ひとつで効率がバク上がりします】

勉強中の体勢ってどうすればいいんだろ?

 

勉強中の姿勢できにするべきなのは、

  • 椅子に座る
  • 背もたれにつけない
  • スマホは視界に入らないように

の3つが挙げられます。

体勢が悪いと勉強効率がガタ落ちなので、今回で覚えて勉強の無駄をなくしましょう。

 

 

椅子に座る

勉強中はとりあえず椅子に座りましょう。

 

まれに立って勉強、寝転んで勉強、ソファに座って勉強等をする人がいますが、これは勉強効率が落ちます。

なのでしっかりと椅子に座って勉強しましょう。

 

学校の椅子のように硬いイスが理想的です。

背もたれにつけない

椅子に座ったら、背もたれに背をつけないようにしましょう。

 

背もたれに背をつけると、どうしても体がリラックスします。

こうなると勉強モードではなくなってしまいます。

 

なので勉強する際は背もたれから背を少し浮かせましょう。

スマホは視界に入らないように

体勢には少し違いますが、勉強中はスマホを視界から消しましょう。

 

スマホがあると通知が気になったり視線がチラチラ行ったり無駄が増えます。

視界にないとそれも無くなるので、集中できます。

 

スマホは少しの休憩中に見ましょう。

勉強中の体勢まとめ

勉強中の体勢って何がいいの?

こんな悩みはもうなくなったはずです。

 

勉強は体勢によって大きく効率が変わります。

学校の椅子は硬いだの座りにくいだの意見がありますが、あれは割と勉強に集中できる形です。

 

なんか勉強がはかどらないというひとは、自分の勉強中の体勢を見直してみましょう。

何かわかるかもしれませんからね。

 

今回はここまで。

それではまた!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました