書く勉強法の効果はある?【最速で学習したいならこれ一択です】

書く勉強法の効果PPAP
この記事は約3分で読めます。

勉強法が決まらない人「勉強しても勉強法があっていないのかあんまり頭に入らない…でも書く勉強法とかもいまいちわからないし、もうどうすれば良いんだろ?」

 

今回はこんな疑問に答えます。

☑️ 本記事の内容

  • 書く勉強法の効果はあるのか
  • 最速で学習したいならこれ一択です

この記事を書いている僕は、常に書く勉強法を続けてきました。

これは書く勉強法に効果があると気づいたからこそです。

 

今回紹介するのは、その知識と経験をもとに解説します。

他の記事で自分の実績を公開している人は少ないため、記事の信頼担保になるかと。

書く勉強法の効果はあるのか

書く勉強法の効果ってどんなものがあるの?

 

僕が感じた書く勉強法の効果は、

 

  • 頭に入りやすい
  • 書いているのが楽しい
  • 勉強した後に達成感が生まれる

の3つが挙げられます。

書く勉強法を信じれなかったり勉強方が決まっていない方は、これを参考にしてみてください。

 

それぞれ解説していきます。

 

 

頭に入りやすい

書く勉強法をしていると実際に手を動かすため、頭に入りやすい感覚があります。

 

いわゆる「手で覚える」といった状態です。

ただ見るだけであったりタイピングは、僕的には全く覚えることができませんでした。

 

物理の公式等は書けば書くほど覚えることができるため、理数系の方に書く勉強法の方は多いかもしれません。

書いているのが楽しい

個人的な気持ちですが、紙にペンで書いている感覚が楽しくて好きです。

 

ちなみに勉強中はボールペンを使っていることが多いです。

ちょうど良い紙とペンとの摩擦を楽しみつつノートが埋まる過程を楽しむ。

 

このマイクラの整地のような作業が楽しいです。

勉強した後に達成感が生まれる

紙に書いて勉強しているとどんどんと書いた紙がたまってきて、自分がどれだけ勉強したかが分かります。

 

一度iPadも試しましたが、勉強量がわからないという点でやめました。

価格もかなり高いし。

 

ちなみにテスト期間等は200枚ほどA4用紙を真っ黒になるまで消費していました。

書く勉強法の効果はあるのかまとめ

「書く勉強法って効果はあるのかな?」

こんな悩みはもうなくなったはずです。

 

今回紹介した3つの特徴。

もしあなたが書く勉強法意外なのであれば、一度試してみることをおすすめします。

 

今回はここまで。

それではまた!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました