勉強とゲームは関係ある?【知らないだけで悪いと思うのはよくない】

PPAP
この記事は約3分で読めます。

勉強とゲームの関係が気になる人「ゲームすると勉強できなくなるって聞くけど、実際のところはどうなんだろ?」

 

今回はこんな疑問に答えます。

☑️ 本記事の内容

  • 勉強とゲームは関係ある?
  • 知らないだけで悪いと思うのはよくない

この記事を書いている僕は、勉強とゲームの関係をかなり調べました。

他の記事で自分の実績を公開している人は少ないため、記事の信頼担保になるかと。

勉強とゲームは関係ある?【知らないだけで悪いと思うのはよくない】

ゲームが勉強に及ぼす影響ってあるの?

 

ゲームが勉強に及ぼす影響は、

  • 勉強時間が減る
  • 外で遊ばなくなる
  • 目が悪くなると言われている

の3つが挙げられます。

どれもゲームが勉強に与える影響として上げられるものですね。

 

それぞれ解説していきます。

 

 

勉強時間が減る

ゲームをしていると勉強に費やせる時間が減ります。

 

例えば家で5時間入れるとして4時間ゲームをすると1時間しか勉強できません。

これはかなり大きな影響と言えます。

 

まあゲームをやめても勉強なんかしないんですけどね。

外で遊ばなくなる

ゲームをしていると外で遊ぶことがなくなると言われています。

 

近年は通信技術を使って遠距離でもできますからね。

暑かったり寒い中にわざわざ行くことはもうありません。

 

ただ、みんなで集まってのマリカやスマブラは最高だよね。

目が悪くなると言われている

ゲームをすると目が悪くなると言われています。

 

これは数年前からいわれているブルーライトの影響です。

スマホが出た時、メガネ会社がこぞってこのブルーライトカットを強く押して販売しました。

 

でも最近わかったことで、別に目の悪さとブルーライトは無関係です。

勉強とゲームの関係まとめ

勉強とゲームの関係ってあるの?

こんな悩みはもうなくなったはずです。

 

感の良い方なら気づいているかもですが、直接的な影響はほぼありません。

つまり「よく知らないものをとにかく禁止」しようとしているだけですね。

 

今回はここまでです。

それではまた!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました