大変な受験生がすべきこと【あと3ヶ月頑張って新生活を楽しみましょう】

PPAP
この記事は約3分で読めます。

今年受験の人「今年受験なのに、いまいち何をすればいいのかわからない」

 

今回はこんな疑問に答えます。

☑️ 本記事の内容

  • 大変な受験生がすべきこと
  • あと3ヶ月頑張って新生活を楽しみましょう

この記事を書いている僕は、受験を2度経験して自分のレベル以上のところに入学し楽しんでいました。

他の記事で自分の実績を公開している人は少ないため、記事の信頼担保になるかと。

大変な受験生がすべきこと【あと3ヶ月頑張って新生活を楽しみましょう】

大変な受験生は何をすべきなの?

 

大変な受験生は、

  • 休日を作る
  • 教科の高速回転
  • オンオフを切り替える

の3つをおこないましょう。

受験生は意外とこの3つを知らない人が多いので、これを知ってちょっと楽になりましょ。

 

それでは解説していきます。

 

 

休日を作る

大変な受験生は、休日を作りましょう。

 

「は?」と思われるかもですが、これは単に勉強を少なめにする日を決めるってことです。

たとえば日曜日を勉強の休日に設定して、この日は過去問を1年分解くだけであとはゲーム、みたいな。

 

これだけで1週間のモチベがあがるので、この日のために頑張りましょ。

教科の高速回転

大変な受験生は、教科の高速回転を行いましょう。

 

たまに1つの教科を何日もかけてしている人がいますが、あれは意外とNGです。

どうしても教科の達成度にむらができてしまい、最終的に微妙な学習率となるからです。

 

なので数学を1時間したらつぎは理科を1時間といったふうに、どんどんと切り替えていきましょう。

オンオフを切り替える

大変な受験生は、オンオフを切り替えましょう。

 

勉強の途中でスマホを触ったり寝転んでしたりする人がいますが、その行動で勉強がすべて水の泡になります。

途中で集中力が切れ、関係のない情報まで頭に入りますからね。

 

なので受験生はオンオフを切り替えて、勉強の時は勉強して休憩のときにはしっかり休みましょう。

大変な受験生がすべきことまとめ

大変な受験生は何をすればいいの?

こんな悩みはもう無くなったはずです。

 

受験生が大変なのは、ぼくも受験生だったのでわかります。

しかし、今回紹介した3つのことを行えば、「短時間で高効率に」勉強を進めることができます。

 

勉強時間の圧縮が可能だということですね。

正味めんどくさい勉強はすぐ辞めたいはずなので、やる時はやってそれ以外はダラダラしましょう。

 

今回はここまでです。

それではまた!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました