仕事を辞めることを上司に言えない時の対処法【退職代行サービス】

仕事を辞めることを上司に言えない時に使うべき退職代行サービスについて大学生知識
この記事は約4分で読めます。

仕事を辞めれなくて泣く人「仕事を辞めたいけど上司に怒られそうで言えない…自分で言いにいくしかないのかな?」

 

今回はこんな疑問に答えます。

☑️ 本記事の内容

  • 退職代行サービスについての話
  • 本当に辞めたい人だけ使うべきです

この記事を書いている僕は、残業時間が3桁に乗っても給料がでない超ブラック企業でした。

仕事を辞めることを上司に言えない状況でした。

 

しかし今回紹介する方法でやめることができたので、信頼性は高いはず。

仕事を辞めることを上司に言えない時の方法

「上司が仕事を辞めることを認めない・言えない=仕事をやめれない」は大きな間違いです。

たまに上司が仕事を辞めさせてくれないという人がいますが、方法次第でやめることができます。

本気で仕事を辞めたいのならば方法はどうでも良いというのが真実で、見るべきは辞めることを伝えるタイミングではなく手法が全て。

バリバリ働く男はかっこいいの時代は終わりました

☑️ バリバリ働く男の時代とは?

  • 男は外で働いてなんぼ
  • 家のことは何もせず亭主関白
  • 年齢が上がるごとに給料が上がる

これは、数年前に多く使われていた仕事の鉄則なんですが、現代社会の仕事ではこの手法は一切通用しません。

要らない人間は淘汰され、スキルのあるものが評価されるようになりました。

 

仕事を辞めることを言えない・辞職することを認めてくれない上司の大半はこの時代の人間です。

つまり老害なので全く気にせずにやめてOKです。

仕事を辞めることを上司に言えないなら、退職代行サービスを使いましょう

☑️ 退職代行サービスとは?

  • 代わりに辞表をだしてくれる
  • 辞めることを認められない例は少ない
  • 病んで仕事に行けない状態でも利用可

退職代行とは最近できたサービスで、名前の通り自分の代わりに仕事を辞めてくれます。

なので上司に辞職を認められないということもなく、ほぼ確実に仕事を辞めることができます。

 

下記のリンクをクリック!

⬇︎⬇︎⬇︎

 

今まで退職代行サービスがなかった理由

代理照会などの手続きが簡単になり、より効率的な社会に変化したためです。
以前までは本人の代理照会ができなかったり信用性が疑われるなどの理由であまりありませんでした。
しかし最近は本人の代理人であるなどの証明が比較的簡単に行えるようになったので、このような退職代行サービスが誕生したのです。

本当に仕事を辞めたい人だけが使うべき理由

☑️ 辞めたい人だけが使うべき理由

  • 価格が高い
  • 確実に仕事を辞めれる

上司に仕事を辞めたいことを言えない、そんな時に活用できるのが退職代行サービス。

ですがこれには「本当に仕事を辞めたい人だけがつかうべき理由」があります。

退職代行サービスは価格が高い

仕事を辞めることを代わりに上司に言ってくれる退職代行サービスですが、それなりの価格がします。

相場としては3-5万円と言ったところです。

 

これをあなたが高いと思うか安いと思うかはわかりませんが、本当に仕事を辞めたいと思っていないならばこの金額は大半の人は出せません。

確実に辞めれるため、利用したあとのことを考えるべき

退職代行サービスは確実に仕事を辞めることができるため、利用した後のことを考えておく必要があります。

なので「仕事辞めたいな〜」などの生半可な気持ちで利用すると、退職した後に収入がなくなる可能性があります。

 

ちなみに退職した後僕はプログラミングを学び、そのままプログラミング関係のホワイトな会社に就職しました。

辞めた後に何をすれば良いかわからないと言う方は、稼げるしホワイトな企業も多いプログラミングを学ぶことをおすすめします。

退職金が出なかったり損害賠償を訴えられたりなども

あまり知られていませんが、退職すると退職金が出なかったり損害賠償を訴えられることもあります。

ただこれは法外なことなので、弁護士を間に置いて話し合えば解決します。

仕事を辞めることを上司に言えない時の対処法まとめ

「仕事を辞めたいことを上司に言えない」

そんな悩みはもう無くなったことでしょう。

 

仕事を辞めたいことを上司に言えないと言う方は結構います。

実際に過去の僕もその通りでしたからね。

 

それが故に退職代行サービスを利用して良かったと感じています。

自分の人生を無駄にしなくて済みましたからね。

 

今あなたがブラック企業で働いているのならば、今すぐ退職代行サービスを利用して転職すべきだと考えます。

せっかくここまで読んでくれたあなたには、人生をもっとおおらかに生きてほしい。

 

応援しています。

それではまた!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました