登下校中の電車は寝るべきなの?【この少しの時間で一日が変わる】

PPAP
この記事は約3分で読めます。

めちゃくちゃ眠い人「移動中の電車って寝るべきなのかな?」

 

今回はこんな疑問に答えます。

☑️ 本記事の内容

  • 登下校中の電車は寝るべき?
  • この少しの時間で一日が変わる

この記事を書いている僕は、登下校中の電車では必ず寝ています。

他の記事で自分の実績を公開している人は少ないため、記事の信頼担保になるかと。

登下校中の電車は寝るべきなの?【この少しの時間で一日が変わる】

登下校中の電車は寝る方がいいの?

 

登下校中の電車で寝て感じたことは、

  • 目が覚める
  • すぐに学校に着く
  • たまに寝過ごして焦る

の3つがあげられます。

電車で寝ることに抵抗がある方は、今回の内容を参考にしてみてください。

 

それぞれ解説していきます。

 

 

目が覚める

登下校の電車で寝ていると、講義でめちゃくちゃ目が覚めます。

 

人がベットで6時間寝るよりも集中して1時間寝る方が効果があるのは有名ですよね。

これに似た状況を作ることで、脳を活性化させます。

 

電車だけでなく昼休み等にも有効です。

すぐに学校に着く

登下校の電車で寝ていると、気づいたら学校に着いています。

 

まあ寝ている間は時間を感じませんからね。

ただ登下校の電車は暇だという人も多いと思います。

 

なのでそういった人は登下校の電車で寝ましょう。

たまに寝過ごして焦る

登下校の電車で寝ていると、たまに寝過ごして焦ることになります。

 

これは人によりますが、僕は下校の際に何度か寝過ごしました。

反対側の電車に乗り換えに行くのが、地味に面倒で疲れている時なんか地獄です。

 

ただアラーム等もかけれないので、気合いで起きるしかないですね。

登下校中の電車は寝るべきまとめ

登下校中の電車って寝るべきなの?

こんな悩みはもうなくなったはずです。

 

登下校の電車を見ていると、8割の方が眠そうな顔でスマホをさわっています。中には眠過ぎてスマホを落としてしまう人も。

そんな時はもう電車で寝ちゃいましょう。

 

そうでないと1日のパフォーマンスが明らかに低下してしまいます。

それは出来るだけ避けて、1日を楽しみましょう。

 

今回はここまで。

それではまた!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました