電車で書く勉強はどう?【テストで良い点を取るための手段】

PPAP
この記事は約3分で読めます。

勉強したい人「電車での勉強って意味あるのかな?」

 

今回はこんな疑問に答えます。

☑️ 本記事の内容

  • 電車で書く勉強はどう?
  • テストで良い点を取るための手段

この記事を書いている僕は、毎朝電車で勉強しています。

他の記事で自分の実績を公開している人は少ないため、記事の信頼担保になるかと。

電車で書く勉強はどう?【テストで良い点を取るための】

電車での勉強ってどうなの?

 

電車での勉強で起こることは、

  • 文字が揺れる
  • 頭に入っていく
  • テストで良い点を取りやすい

の3つがあげられます。

電車で勉強している人ってのは意外と少ないので、これを読んで次回から電車で勉強しましょう。

 

それぞれ解説していきます。

 

 

文字が揺れる

電車で書く勉強をすると、文字が揺れます。

 

これは誰でも想定できるとは思いますが、どうしても電車が揺れると文字も揺れてしまいます。

もしそれが異常なほどいやだったり嫌悪な方はちょっと電車で書く勉強は難しいかもしれません。

 

ただ勉強の軌跡はその時の自分しか見ないので、気にしないで書くのが1番です。

頭に入っていく

電車で書く勉強をすると、頭に知識が入っていきます。

 

勉強というものは大半の人が書くことで頭に入ります。

しかし実際には「脳から手に知識を送ることで記憶に残りやすい」だけなのです。

 

つまり先程紹介した誰にも読めないような揺れた文字で書いていたとしても、頭には入っていきます。

テストで良い点を取りやすい

電車で書く勉強をすると、テストで良い点数を取りやすいです。

 

これは先程いった書くこと自体が頭に入りやすいというのも関係しますが、直前に勉強するということが大きな影響を及ぼします。

テスト直前に学校で復習する方は多いかと思います。

 

しかしここで電車から復習をしていると、頭の知識へのアクセス量が多くなりテストで良い点数を残せます。

電車で書く勉強まとめ

電車での勉強ってどうなの?

こんな悩みはもう無くなったはずです。

 

電車で書く勉強をしている人は、あんまりいないんですよね。

でもこの勉強法は、実は知識を蓄えテストでも良い点をとれます。

 

まあこれは結局短期記憶なんですが、正直テストなんて点数を取れれば良いだけなんで、気にする必要は無いですね。

良い点数を取り、留年等からは逃れましょう。

 

今回はここまでです。

それではまた!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました