勉強したい大学生が夏休みにすべきこと【需要のあることを学ぶ】

勉強したい大学生がすべきたった1つのことについてプログラミング
この記事は約8分で読めます。

勉強したい大学生「せっかく大学の夏休みで時間があるし勉強したいけれど、何をすればいいんだ…でも他の大学生に相談したら『大学生は遊ぶのが仕事でしょ!』って言われるし、どうすれば良いんだろう?」

 

今回はこんな疑問に答えます。

☑️ 本記事の内容

  • 大学生が夏休みに勉強すべきこと
  • 需要のあることを勉強して稼ぎます

この記事を書いている僕は、HTMLやCSSを習得・JavaやPython、C言語を勉強中の大学生です。

他の記事で自分の実績を公開している人は少ないため、記事の信頼担保になるかと。

そもそも大学生は勉強すべき?

そもそも大学生は勉強すべきなのか?遊ぶべきなのか?

一意見ですが、「勉強したいと少しでも思っているのならば、圧倒的に勉強すべき」といった感じです。

 

これまでは1度会社に就職すれば、そのまま年功序列制度で一生そこで働くことができました。

しかしこれからは実力主義の社会になり、「知識のある人間は会社で評価されてない人間は排除」されます。

 

なので大学生のうちに勉強し、知識や技術を習得しておくべき。

ちなみに「勉強したい」と少しでも思っている人が勉強すべきなのは、モチベーションがあるうちに勉強すると習得しやすいからです。

 

本来は全ての大学生に「勉強すべきだよ!」といいたいですが、少しでも勉強したいというモチベーションがなければすぐにやめてしまう。

なので今「勉強したい」と思っているのならば、そのモチベーションを原動力にこれから必要な知識を学ぶべきです。

大学生が夏休みに勉強すべきこと

なるほど、確かに最近の働き改革とかをみてると技術重視になりそうだね。

でも大学生の夏休みでも勉強できる知識って何があるんだろ?

勉強したい大学生は夏休みに、

  • 需要が大きい分野
  • ある程度習得しやすい分野
  • 将来の就活で無双できる分野

の3つの分野を選ぶべきです。

夏休みはあまり長くないため、短期で実用的な知識を学ぶのが最適かと。

 

それぞれ解説していきましょう。

需要が大きい分野

需要が大きい分野は世間で求められている分野であるため、最優先で勉強したい大学生は学ぶべきです。

 

大学生が夏休みに勉強すべきなのは、将来役に立つ分野。

そして将来役に立つ分野というのは、需要があり世間で求められている分野のことを指します。

 

大学生が夏休みに勉強できるものはほぼ無限にありますが、実際にその知識が使えたり稼げたりする分野はほんの少しです。

なので大学生は夏休みに需要が大きい分野を勉強しましょう。

ある程度習得しやすい分野

大学生の夏休みはあまり長くない上に「勉強したい」のモチベはあまり続かないため、ある程度習得しやすく短期間でできる分野を選びます。

 

大学生の夏休みは1〜2ヶ月。

この期間以外はレポートや講義が重なって、時間が取れない。

 

なのでこの1〜2ヶ月の間に習得できる分野でないと、中途半端にしか勉強できません。

ある程度習得しやすい分野を選びましょう。

将来の就活で無双できる分野

大学生の代表的な悩みである「就活」は持っている技術によって無双できるため、就活で有利になれるような分野を選びます。

 

最初に解説したように、これからは技術がない人間は必然的に排除。

つまり他の大学生とは違い、技術を勉強しておく必要があります。

 

なので将来の就活で無双できる分野を勉強しましょう。

 

他にも選び方はありますが、夏休みに勉強したい大学生はこの3つを抑えた分野を勉強しましょう。

大学生が夏休みに勉強すべきことの例

確かにこの3つを満たす分野は大学生のうちに勉強しておいて損はなさそうだね。

でもこの3つを満たす分野って、何があるの?

3つを満たしつつ大学生の夏休みでも勉強できる分野は、プログラミング一択かなといった感じ。

その理由は、

  • 習得しやすい
  • 需要が高く稼ぎやすい
  • 企業側もプログラマーを求めている

の3つがあげられます。

ということで次は、大学生が夏休みにプログラミングを勉強すべき理由を解説します。

 

それぞれ解説していきましょう。

習得しやすい

プログラミングは大学生の夏休み期間でも習得しやすく、勉強したい大学生にはぴったりです。

 

プログラミングは難しいと思われがちですが、正しい勉強法で学べば1〜2ヶ月でも習得ができます。

難しいプログラミング言語や新しいプログラミング言語は流石に難しいですが、現在広く活用されているPythonやJavaなどなら可能です。

 

大学生の夏休み期間に習得できるプログラミングは、勉強したい大学生にぴったりです。

需要が高く稼ぎやすい

プログラミングは需要が高く、これからはさらに倍以上に高まるため学んでおくと一生の武器になります。

 

プログラミングはかなり需要が高く、最近は時にAIやIoTが注目されています。

勉強したい大学生のプログラミングの需要の変化

グラフを見ればわかりますが、これからはさらにプログラミングの需要が高くなります。

 

大学生のうちに勉強しておくと給料が高くなったりフリーランスとして活動したりなど、将来に自由が効くようになります。

企業側もプログラマーを求めている

企業側もこれからはAIやIoTの分野を取り入れるため、大学生のうちにプログラミングを勉強していると就活でかなり有利になれます。

 

企業も仕事の効率化のためにAIやIoTを導入します。

しかしそれができるプログラマーを雇うのは出費が痛い…

 

そこですでにAIやIoTに対しての知識がある大学生がくれば、企業にとってはメリットが大きいので内定を渡すということです。

 

プログラミングを学んでいると、こんな感じで大きなメリットがたくさんあります。

大学生が夏休みにすべき勉強法

前々から少し知ってたけど、やっぱりプログラミングは学んでおくべきなのか…

でも大学生の夏休み期間でプログラミングを勉強できるスクールなんてあるの?

大学生の夏休み期間でプログラミングを学ぶなら、TechAcademyが最も最適かと。

その理由としては、

  • 安い
  • 充実したサポート
  • 実践的な技術の習得

の3つが挙げられます。

 

それぞれ解説していきましょう。

安い

TechAcademyは他のプログラミングスクールよりも比較的安くプログラミングを学べるため、あまりお金のない大学生には助かります。

 

プログラミングスクールは50万円ほどかかるものも多い。

その中でもTechAcademyは15〜20万円ほどで勉強できます。

TechAcademyのPythonスクールの価格表

 

50万円は流石に出せませんが、20万円ならバイトを頑張ってギリギリ払える額。

出費は厳しいですが、学ぶことで変化する将来や収入を考えると出す価値ありです。

充実したサポート

プログラミングは大学生に限らず多くの方が勉強の途中に挫折しやすいのですが、TechAcademyは講師のサポートが充実しておりその心配はいりません。

 

実はプログラミングは9割の人が挫折すると言われています。

しかしTechAcademyでは講師であるメンターさんのサポートが手厚く、途中で挫折せず勉強することが可能です。

 

充実したサポートのあるスクールは少ないため、選ぶべきスクールの1つといえます。

実践的な技術の習得

TechAcademyは最終的に「1つの成果物」を作ることをゴールとしているため、大学生でも実践的な技術を習得することができます。

 

プログラミングを学ぶ際に座学で全てを勉強しようとする人が多いのですが、これは間違い。

成果物を作ることを目標とし、それに必要な知識を蓄えて実践するのが最速で学ぶ方法です。

 

TechAcademyでは成果物を作ることで実践的な技術を習得するため、最短で勉強するのにぴったりです。

 

   TechAcademyの詳しい情報はこちら。

プログラミングを勉強するなら、ここ一択というほどよいスクールです。

勉強したい大学生が夏休みにすべきことまとめ

「大学生の夏休み期間に勉強したい」

そんな疑問はもうなくなったことでしょう。

 

プログラミングを勉強していれば、将来的にもかなりメリットがあります。

強制とは言いませんが、学ぶ価値は十分にあります。

 

特に大学生の夏休みは時間があるので、この時間を有意義に使いましょう。

それができれば、将来は安泰するはずです。

 

今回はここまで。

それではまた!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました