Aラインシルエットはスタイルが悪い?知っておくべきシルエットと対処法!

Aラインシルエットおしゃれ用語
この記事は約3分で読めます。

Aラインシルエットってお店で言われたけれど、なんのことなのかわからない!

恥はかきたくないし、どういう意味があるのか知りたい!

 

わかるわかる。

Aラインシルエットが何か、僕も知らなかったよ。

でもじつは、おしゃれになるためには知っておくべきことだったんだ。

 

え!本当に!?

 

本当だよ

ということで今回は、知っておくべきAラインシルエットについて教えるね。

 

アパレルショップやファッション雑誌で見聞きする言葉、「Aラインシルエット」

ちゃんとした意味を知らない人、結構いるんですよね。

 

店員さんに苦笑いで「そうですね〜」って返したり、ファッション雑誌をすこし読み飛ばしたり。

正直言って、それかなりもったいないことをしています。

 

ということで今回は知っておくべきAラインシルエットについて解説します。

 

☑️ この記事の内容

  • Aラインシルエットとは何か
  • これであなたもおしゃれの仲間入り

 

この記事を書いている僕は、

  • 3年前からおしゃれを勉強
  • 雑誌掲載レベルのおしゃれさん

しています。

それをふまえて紹介していきます。

Aラインシルエットとは

☑️ Aラインシルエットの特徴

  • 上が細く下が太い
  • 足の太さを隠せる
  • スタイルが悪く見える

 

Aラインシルエットの主な特徴は上記の3つです。

それぞれ解説していきます。

特徴1:上が細く下が太い

Aラインシルエットのコーデは特徴的です。

もともとAラインシルエットというのは、アルファベットのAのように細いことから名づけられました。

 

トップスが細く、パンツが太い。

うまく着こなせばおしゃれになりますが、着こなすのが難しいシルエットです。

特徴2:足の太さを隠せる

Aラインシルエットは、太いパンツを使ったコーデです。

なので足の細すぎる方や太すぎる方でも着こなすことができます。

 

なのでほぼ間違えた着こなしがありません。

外国人のように、がたいの良い着こなしもできます。

特徴3:スタイルが悪く見える

Aラインシルエットは、スタイルが悪く見えます。

これは足が太くなることでコーデ全体が三角形になり、ボテっとした印象になるためです。

 

なので背が小さいことがコンプレックスな方はさけましょう。

背が高いとうまく着こなすことができます。

Aラインシルエットまとめ

「Aラインシルエットが何かわからない」

そんな悩みはもう無くなったことでしょう。

 

これまでの内容をまとめると、

☑️ Aラインシルエットの特徴

  • 上が細く下が太い
  • 足の太さを隠せる
  • スタイルが悪く見える

といったかんじです。

 

Aラインシルエットは確かにスタイルが悪く見えますが、VラインシルエットとIラインシルエットの間に混ぜるのがベストです。

するとうまくおしゃれに見せることができます。

 

応援しています。

それではまた!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました